明治150年記念特別展 「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」展オープニングセレモニーの開催について

平成30年 (2018年) 9月 5日

1 日時

平成30年9月7日(金曜日)10時から11時まで


2 場所

山口県立美術館 エントランスホール(山口市亀山町3-1)


3 主催

山口県立美術館、朝日新聞社、yab山口朝日放送


4 内容

(1) 次 第

◆ 主催者あいさつ

◆ 来賓祝辞

◆ テープカット

◆ 内覧会


(2) 出席者(予定)

◆ 主催者

 ・ 山口県知事                       村岡 嗣政(むらおか つぐまさ)

 ・ 朝日新聞社企画事業本部西部企画事業チーム マネジャー   花畑 和宏(はなばた かずひろ)

 ・ 山口朝日放送株式会社 取締役営業局長            尾﨑  薫(おざき かおる)

 ・ 山口県立美術館 館長                   岡田  実(おかだ みのる)


◆ 来賓

 ・ 山口県議会商工観光委員長                 曽田  聡(そた さとし)

 ・ 山口県教育委員会 教育長                 浅原  司(あさはら つかさ)

 ・ 山口市参与                       松冨 博之(まつどみ ひろゆき)

 ・ 山口市議会議長                     坂井 芳浩(さかい よしひろ)

 ・ 一般社団法人山口県観光連盟 専務理事兼マーケティンク゛統括責任者   上田 英夫(うえた ひでお)

 ・ 山口商工会議所 会頭                    河野 康志(かわの やすし)

 ・ 一般財団法人山口観光コンベンション協会 理事長      大庭 達敏(おおば たつとし)

 ・ 湯田温泉旅館協同組合理事長                 宮川  力(みやかわ ちから)

 ・ 株式会社エフエム山口代表取締役社長            藤井 正史(ふじい まさふみ)


5 展覧会について

(1) 概要

近年、明治工芸に対する注目度が飛躍的に高まっています。かつて、輸出品として海を渡った作品が、次々に里帰りを果たし、多くの人々がその魅力を再発見することとなりました。

本展は、そのきっかけとなった「超絶技巧!明治工芸の粋」展の続編というべきもので、3年前に当館でも開催され、その「超絶」ぶりが大いに話題となった展覧会の第2弾です。前回に引き続き、村田理如(むらた まさゆき)氏が長年にわたり国内外から収集した明治工芸コレクション(京都・清水三年坂美術館所蔵)を中心に、近年各所での調査で確認された新出作品を交え、七宝、金工、牙彫、木彫、漆工、刺繍絵画など幅広いジャンルから厳選された逸品の数々を公開します。加えて、明治の「超絶技巧」を受け継ぎつつ新たな世界を築いている15人の現代作家による驚愕の現代アートも多数ご紹介いたします。

もはや失われて久しいと思われていた、明治の工人たちの超人的センスと「わざ」の数々が、時空を超えて脈々と引き継がれているその姿を、明治工芸と現代アートのコラボレーションでご覧ください。


(2) 会期

平成30年9月7日(金曜日)から平成30年10月21日(日曜日)まで

※ 休館日 月曜日(ただし、9月17日、9月24日、10月1日、10月8日は開館)


(3) 開館時間

9時から17時まで(入館は16時半まで)


(4) 観覧料

区分 当日 前売・団体 コレクション展セット券※2

一般 1,300円 1,100円  1,400円(1,200円)※3

シニア※1 1,100円 900円 ―

学生 1,100円 900円  1,200円(1,000円)※3

※ 1:シニアは70歳以上の方

※ 2:コレクション展セット券は当日券のみ

(シニアの方は、コレクション展は無料のため、セット券の設定はありません。)

※ 3:(  )内は、コレクションセット券の団体料金

☆ 18歳以下及び高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学する方等は無料。

☆ 障害者手帳等をご持参の方とその介護の方1名は無料。


(5) 会期中の主な行事

◆ トークイベント「参加アーティストによるトークイベント」

〔講師:髙橋賢悟(金工)〕

日時:9月30日(日曜日)14時から15時まで(開場 13時半)

場所:山口県立美術館 講座室

定員:80名(当日先着順) 聴講無料

◆ トークイベント「日本美術応援団 驚異の超絶技巧を応援する!in山口」

〔出演:山下裕二(本展監修者、明治学院大学教授)〕

日時:10月13日(土曜日)14時から15時半まで(開場13時半)

場所:山口県立山口図書館 レクチャールーム

定員:200名(要申込・先着順) 聴講無料

◆ 開館延長(特別イベント)

日時:9月29日(土曜日)17時から20時まで(入館は19時半まで)

内容:このイベント時のみ作品の写真撮影自由


6 お問い合わせ

山口県立美術館(〒753-0089 山口市亀山町3-1)

TEL 083-925-7788/FAX 083-925-7790

E-mail a19304@pref.yamaguchi.lg.jp

URL http://www.yma-web.jp


 


お問い合わせ先

文化振興課
Tel:083-933-2627
Fax:083-933-4829
Mail:a19300@pref.yamaguchi.lg.jp