大島大橋の添架物の損傷について

平成30年 (2018年) 10月 22日

本日0時30分頃に、一般国道437号線大島大橋の電気施設の機器異常を検知しました。その後、山口県柳井土木建築事務所において、現地確認等を行った結果、本日8時までに、大島大橋に添架されている水道管などが損傷を受けていることが判明しました。

また、橋に何らかの衝突のような跡があるため、橋の損傷状況等を確認した上で、本日午前8時20分から、大島大橋は片側通行の交通規制をしていますので、合わせてお知らせします。

1 損傷が確認された添架物と被害の状況

(1) 水道管(現在、周防大島町ほぼ全域が断水)

(2) エネコム回線(インターネット専用回線。現在、周防大島町全域で不通)

(3) NTT電線(電話回線には異常なし)

(4) YSN回線(現在、周防大島町全体のケーブルテレビのうち、BS、CSが視聴不能、ケーブルインターネット回線が不通。行政回線も不通)

(5) その他(大島大橋本体の電気設備、電線用ケーブルラック、検査廊)


2 破損位置等

橋桁の中央付近(別添の画像参照)

目視の結果として、路面部分に損壊は見られないが、橋桁に衝突跡のような痕がある。


3 原因

不明(現在調査中。船舶の衝突の可能性もあるため、柳井海上保安署に通報済み)。


4 復旧等の見通し

現段階では、復旧の見通しは立っていないが、周防大島町の生活インフラ全体に支障を生じているため、関係機関と連携して早期の復旧に努める。

なお、このために、庁内に関係課(道路整備課=主担、情報企画課、生活衛生課)による連絡会議を設置し、復旧等について対応する。



添付ファイル

別添画像.pdf (PDF : 476KB)

 


お問い合わせ先

道路整備課
Tel:083-933-3686
Mail:a18200@pref.yamaguchi.lg.jp

生活衛生課・情報企画課
Tel:083-933-2978・083-933-2678