平成30年度援護事業功労者厚生労働大臣表彰の受賞者の決定について

平成30年 (2018年) 12月 5日

〇 表彰の概要

(1) 趣 旨

多年にわたって戦傷病者、戦没者遺族、未帰還者留守家族等の援護に関する事業に携わり、功績が顕著な者に対し、その功績をたたえるとともに、その労苦に報いるため、厚生労働大臣の表彰を行い、もって援護事業の推進を図る。

(2) 本県の被表彰者

 ・ 氏名

大知 香代子(おおち かよこ)

 ・ 年齢

76歳

 ・ 住所

下関市

 ・ 役職

下関市連合遺族会女性副会長

下関市連合遺族会下関支部女性副会長


(3) 表彰の時期等

日時:平成30年12月12日(水曜日)午前11時~

場所:中央合同庁舎第5号館低層棟2階 講堂

(東京都千代田区霞が関1-2-2)


(4) 表彰の対象

 ・ 援護事業に通算15年以上携わった者で功績の顕著な者

 ・ 前記に掲げる者のほか、援護事業に関し功績が特に顕著であると認められる者


(5) 参考

全国の被表彰者数94名


 


お問い合わせ先

長寿社会課
Tel:083-933-2782
Mail:a13400@pref.yamaguchi.lg.jp