このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 政策企画課 > 新型コロナウイルス感染症関連情報・トップページ

令和2年 (2020年) 7月 3日

政策企画課

新型コロナウイルス感染症 関連情報


⇒ これまでの新着情報の一覧を見る


 新型コロナウイルス感染症の発生状況


 山口県内の発生状況


7月3日18時現在


◇山口県の感染者数: 37人 (前日比+0人)  (入院等:0人/退院:37人)


市町別内訳(単位:人)

下関

6

宇部

1

山口

8

0

防府

3

下松

6

岩国

3

4

長門

0

柳井

0

美祢

0

周南

5

山陽小野田

1

周防大島

0

和木

0

上関

0

田布施

0

平生

0

阿武

0

県内計

37

※居住地または帰省先等で集計





◇PCR検査状況(民間等検査含む)  7月3日:53件(累計: 2,425件)


◇相談対応の状況  全県相談件数: 29,441件(1月31日から7月2日まで)


 感染状況のモニタリング


 県では、専門家によるモニタリング会議を設置(6月4日)し、7つの指標を設けて、県内の感染状況を継続的にモニタリングしています。


◇モニタリング指標(数値は7月3日18時現在)

指標

数値

備考

直近1週間の新規感染者数

0人

 

直近1週間の新規感染者数(人口10万人当たり)

0.00人

 

直近1週間の新規感染者数の増加比(その前1週間との比較)

直近0人/その前0人

直近1週間のPCR検査陽性率

0.0%

陽性0件/全体210件

感染経路が不明な人の割合

※上記①~④の数値は、6月27日から7月3日まで(直近1週間)の状況について算出

医療提供体制(確保病床数、入院患者数 等)

個別地域事情等(他県の発生状況等)


⇒ ②が0.25人以上となった場合は、各指標や感染の実態を総合的に判断し、自粛要請等の措置を検討


 全国の発生状況


 全国における感染状況は、以下のとおりです。

 県をまたぐ移動をお考えの方は、移動先やその周辺地域の状況をご確認ください。



 県内の医療提供体制


◇感染症受入病床  423床(重症患者向け:102床、中等症・軽症患者向け:321床)


内訳(6月8日現在)

区分

管轄二次

医療圏

重症病棟

中等~軽症病棟

病院名

病床数

病院名

病床数

東部

岩国、柳井、周南

徳山中央病院、岩国医療センター、東和病院

17床

岩国医療センター、周東総合病院、東和病院 等

46床

中部

山口・防府、宇部・山陽小野田

県立総合医療センター

山口大学附属病院

69床

県立総合医療センター、山口赤十字病院、山口済生会病院、小郡第一病院、三田尻病院、山口大学附属病院、美祢市立病院、宇部興産中央病院、山口労災病院、県立こころの医療センター、山口宇部医療センター、防府消化器病センター、小野田赤十字病院、山陽小野田市民病院 等

100床

西部

下関

下関市立市民病院

8床

下関市立市民病院、下関医療センター、関門医療センター 等

120床

北部

長門、萩

長門総合病院

8床

長門総合病院、萩市民病院 等

55床

合計

 

102床

 

321床


◇軽症者等の宿泊施設  638室(受入可能な宿泊施設を確保)

◇帰国者・接触者外来  21箇所

◇PCR検査体制    160件(1回当たりの検査可能件数)


 知事メッセージ


~ 県民の皆様・企業の皆様へのお願い ~


 本県においては、県民の皆様、企業の皆様のご協力により、5月6日以降の感染は確認されていませんが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐためには、引き続き気を緩めることなく、感染拡大防止に取り組んでいく必要があります。


 新型コロナウイルス感染症については、国内で感染が継続されている地域もありますが、国の基本的対処方針や他の都道府県の対応状況等を踏まえ、特定の地域を指定した移動の自粛要請は行わないこととし、引き続き、「山口新型コロナウイルス感染状況モニタリング会議」において、感染状況等を監視していくこととしています。


 県民の皆様、企業の皆様には、再び感染を拡大させないよう、また、社会経済活動の回復に向け、以下の取組について、ご理解とご協力をいただきますようお願いします。


  • 県をまたぐ移動については、本県の情報はもちろん、移動先の自治体が提供している情報等を確認し、感染リスクが高い施設の利用を控えるなど、慎重な行動をお願いします。

  • 企業の皆様におかれては、在宅勤務(テレワーク)やテレビ会議の活用、透明間仕切り等の設置、混雑時の入店制限など、業種ごとに策定される感染拡大予防ガイドライン等を踏まえ、感染拡大防止のための適切な対策を徹底してください。

  • 皆様お一人おひとりが、感染拡大を予防する「新しい生活様式」を実践し、「密閉、密集、密接」のいわゆる3密となる場所を避け、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗い」をはじめとした基本的な感染予防対策を徹底してくださいますようお願いします。

 令和2年6月18日


山口県知事 村 岡 嗣 政






 皆さまへの情報


 新型コロナウイルス感染症に関する各種情報をお知らせするとともに、個人の方や企業・事業者の方への支援制度などをご案内しています。


《該当する項目をクリックしてください。》


県民の皆様へ 事業者の皆様へ


児童生徒・保護者の皆様へ 医療機関の皆さまへ


山口県の対策 県内各市町の対策



  • 山口県新型コロナウイルス感染症対策本部 公式ラインアカウントはこちら
  • 山口県新型コロナウイルス感染症対策本部 公式ツイッターアカウント @CoronaYamaguchi

※ツイッターなどのSNS上で「山口県内の〇〇で患者が確認された」などの情報が拡散されています。県では、患者が発生した場合は、速やかに公表いたします。デマ情報に惑わされることのないようにご注意ください。

  • オープンソースライセンスを使用した、山口県新型コロナウイルス感染症対策サイトはこちら

 皆さまへのお願い


「新しい生活様式」の実践について


 国の「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」では、新たな感染者数が限定的となり、対策の強度を一定程度緩められるようになった地域であっても、再度感染が拡大する可能性があるため、長丁場に備え、感染拡大を予防する「新しい生活様式」に移行していく必要があると指摘しており、具体的な実践例を示しています。


 今後、新型コロナウイルスの感染防止を徹底しつつ、同時に大きく落ち込んだ社会経済活動を回復させていくために、この新しい生活様式が定着した、新たな日常をつくり上げていくことが求められています。


 県民の皆様、企業の皆様には、こうした行動変容の重要性をご理解の上、実践例を参考にしながら、日々の生活や業務の中で新しい生活様式を実践し、「3つの密」の回避や人と人との距離の確保、マスクの着用をはじめとした基本的な感染対策の継続と徹底をお願いします。


 また、このような中で、これからの暑い季節、熱中症にも例年以上に気をつけなければなりません。例えば、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにするなど、「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントが厚生労働省から示されていますので、これを参考に、熱中症の十分な予防に心掛けてください。


※感染状況の変化を踏まえ、6月19日に一部の記載が変更されました。


新しい生活様式



 令和2年度の熱中症予防行動(リーフレット)

熱中症予防行動


《参考》




新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインについて


 新型コロナウイルス感染症の感染防止の取組を進めるため、各業界団体において、感染予防対策として実施すべき基本的事項を整理した「感染拡大予防ガイドライン」が作成されています。


 企業・事業者の皆様には、業種ごとに策定されている「感染拡大予防ガイドライン」をご確認いただき、適切な感染予防対策を徹底していただくようお願いします。





新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)について


 厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を開発し、公開しました。


 このアプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができます。


 利用者は、陽性者と接触した可能性が分かり、PCR検査など保健所のサポートを早く受けることができます。利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されますので、是非ご活用ください。


  • 新型コロナウイルス接触確認アプリの概要・ダウンロードはこちらをクリックしてください。

新型コロナウイルス接触確認アプリ




「やまぐち新型コロナ対策応援寄附金」の募集について


 山口県では、新型コロナウイルス感染症の医療対策支援を目的とした「やまぐち新型コロナ対策応援寄附金」を募集しています。


 感染拡大の防止や医療提供体制を強化するための取組に寄附金を活用させていただくことを通じて、皆様から寄せられた、新型コロナウイルスによる危機をともに乗り越えようとの応援の思いを、最前線の現場で活動されている医療従事者の方々などへしっかりと届けます。


 皆様のご協力をよろしくお願いします。


  • 個人の方は、こちらをクリックしてください。
  • 企業・団体の方は、こちらをクリックしてください。



「やまぐちの温泉で癒されよう プレゼントキャンペーン」について


 令和2年6月10日から7月31日までの期間、山口県在住の方のみを対象に、県内の温泉施設を巡ってスタンプを集めると、抽選で素敵な賞品が当たる「やまぐちの温泉で癒されよう プレゼントキャンペーン」を開催しています。


 このキャンペーンは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で落ち込んでいる県内の観光需要を喚起するために、まずは第一弾として、県民の皆様に県内の温泉を巡って楽しんでいただこうというものです。


 こうした時期だからこそ、改めて県内に目を向けて、お気に入りの温泉や今まで行ったことのない温泉を巡り、周辺の観光地やグルメスポットなどへも足を延ばして、地元ならではの癒しを満喫してみませんか。


 感染予防対策を徹底しながら、是非、山口県の魅力再発見の旅にお出かけください。


  • キャンペーンの詳しい情報は、こちらをご覧ください。

やまぐちの温泉で癒されよう





お問い合わせ先

政策企画課

閉じる