このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 学事文書課 > 大島大橋損傷に伴う損害賠償に関する請求手続きの開始について・大島大橋損傷に伴う損害賠償に関する請求手続きについて

令和元年 (2019年) 6月 17日

学事文書課

大島大橋損傷に伴う損害賠償に関する請求手続きについて

制限債権(損害額)の裁判所への届出期限は                                             6月14日をもって終了しました。



 昨年10月22日未明に発生した外国船籍貨物船による大島大橋への衝突事故に伴う損害については、船主責任制限法による責任制限手続が開始され、6月14日までに広島地方裁判所へ制限債権の届出をするように求められていました。

 これにより、届け出られた債権については、裁判所が選任した管理人による制限債権調査(調査期日は7月17日の予定)を経て、配当の有無や配当率などが決定されることとなります。


※県では、3月29日に責任制限手続きの開始決定に対して、広島高等裁判所に即時抗告を申立てています。





お問い合わせ先

学事文書課



お問い合わせ先

学事文書課

閉じる