このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政放送(動画配信)・大好き!やまぐち・山口ゆめ花博!「子どもの育ちを支える公園」

平成30年 (2018年) 9月 28日

広報広聴課


県政テレビ番組 tys「大好き!やまぐち」



「山口ゆめ花博!『子どもの育ちを支える公園』」平成30年8月11日(土曜日)放送分 

関係先:「山口ゆめ花博」公式ホームページ


動画テキスト



『大好き!やまぐち』


【アナウンサー】

いよいよ開幕が迫ってきた「山口ゆめ花博」。

今回は、その見どころの一つ、山口県から始まる、「子どもの育ちを支える公園」についてご紹介します。


~オープニングタイトルの映像~


~「山口ゆめ花博」紹介VTR~


【アナウンサー】

県では明治150年プロジェクト「やまぐち未来維新」を展開中。

その中核イベントとして、来月、9月14日から開催するのが「山口ゆめ花博」です。


~アナウンサーと県担当者(山口ゆめ花博推進室 中川晋后(なかがわしんご)さん)のツーショット~


【アナウンサー】

中川さん、今回ご紹介する「子どもの育ちを支える公園」とは、どのようなものなのでしょうか?


【中川(なかがわ)さん】

県と山口大学の官学共同研究によって、子どもの育つ視点で構成した新しい遊びの空間です。

子どもは「遊び」によって心身の発達が促されます。

子どもがさまざまな自然と出会い、創造性を膨らませながら存分に「遊ぶ」ことができます。


~「山口ゆめ花博」会場の様子~


【アナウンサー】

「子どもの育ちを支える公園」は、主に「海の外遊びゾーン」、「山の外遊びゾーン」で構成されています。


~アナウンサーと共同研究チーフ 山口大学教育学部 川﨑徳子(かわさきとくこ)准教授のツーショット~


【アナウンサー】

さて、「海の外遊びゾーン」にやってきましたが、川﨑准教授、あれは何ですか。


【川﨑(かわさき)准教授】

はい、「日本一高い木のブランコ」です。

これを見たときに心がちょっと躍りませんでした?


【アナウンサー】

わくわくしました!


【川﨑(かわさき)准教授】

この公園の中には、こうした興味、関心を引くものがたくさんあります。

これは、このイベントのシンボルの一つでもあります。


【アナウンサー】

私も乗ってみました。


【アナウンサー】

お~!結構速いですよ!振れている時間が長いので、長い間空中散歩を楽しめますね。


【アナウンサー】

続いては、「山の外遊びゾーン」の「木と樹がつながる遊び場」にやってきました。


【川﨑(かわさき)准教授】

木でできている遊具が、見渡す限り遠くまでつながっているのが見えると思います。

一つこれで遊ぶと、「次これがやりたい!」っていうのが、引き出されるような場所になっていると思います。

「こうして遊ばなきゃ!」っていうのが、基本的には決まっているわけじゃないんですね。

自然の木でできているんですけれど、「あっ!ここではこんなことができそう」とか、「自分だったらここまでやれそう」っていうのを、いろいろ考えながら、遊ぶ場になると思います。

人間はそういうふうに自分で感じて、体を動かして、そして、いろんな創造性を働かせることによって、さまざまな発達をしていきます。


【アナウンサー】

ぜひ子育て世帯には、山口ゆめ花博に来てもらいたいですね。


~「山口ゆめ花博」前売入場券についてのお知らせ~


【中川(なかがわ)さん】

いよいよ開催の「山口ゆめ花博」。

9月13日までお得な前売入場券をスーパーマーケットやコンビニエンスストア、インターネットなどで好評販売中です。この秋はぜひ、ご家族と一緒に山口ゆめ花博にお越しください。


~まとめ~


【アナウンサー】

「日本一高い木のブランコ」など、子どもの遊び心を引き出す魅力盛りだくさん!

「子どもの育ちを支える公園」で、子どもたちと「遊び」を楽しみませんか。


◆お問い合わせ先

「山口ゆめ花博」事務局 電話 0836-38-8719


関係先:「山口ゆめ花博」公式ホームページ

お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる