このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政放送(動画配信)・イキイキ!山口・農林漁業で活躍する「ステキ女子」を応援します!

令和元年 (2019年) 10月 18日

広報広聴課


県政テレビ番組 yab「イキイキ!山口」



「農林漁業で活躍する『ステキ女子』を応援します!」令和元年9月23日(月曜日)放送分

関係先:山口県農林水産部農林水産政策課


動画テキスト



『イキイキ!山口』



【アナウンサー】

県では次世代の農林漁業を担い、経営参画者として活躍する女性を「ステキ女子」と呼んでいます。

今回のイキイキ!山口では、ステキ女子を応援する県の取り組みと、実際に農業の現場で働くステキ女子の様子をご紹介します。



~オープニングタイトルの映像~


「農林漁業で活躍する『ステキ女子』を応援します!」



~有限会社 グリーンハウス~


【アナウンサー】

大賀さん、県内でも農業や漁業に従事する人の高齢化が進んでいますが、女性の従事者の数は多いんですよね。


【県農林水産政策課 大賀 玲子 さん】

はい、農業では全体の51.5%が女性です。漁業では船で漁に出る女性は少ないですが、水揚げ後の陸での作業を担う女性は多いです。

一次産業はマイナスイメージが根強く残っていますが、例えば農業では、40歳未満の就業人口は増加傾向にあり、若い世代の女性は増えてきています。


【アナウンサー】

そんな中で、県が昨年度から実施している「農林漁業女子ステキ・スタイル応援事業」とは、どういった取り組みなのですか?


【県農林水産政策課 大賀 玲子 さん】

これは、経営参画者として活躍する女性農林漁業者を育成するとともに、その姿を広く発信していくことで農林水産業のイメージアップを図る取り組みです。

例えば昨年度開催した「ステキ女子キャリアアップ講座」では、参加者は、経営理念や行動指針づくり、チームワークづくりについて学びながら、自身のキャリアプランを作成しました。

また、今年3月に開催した「ステキ女子マルシェ」では、ステキ女子が自分たちで育てた農林水産物や加工品などを販売し、「きれいに」「輝き」ながら、「かしこく」「かせぐ」その姿を、多くの方に知っていただくきっかけとなりました。



~有限会社 グリーンハウス 右田静加さんインタビュー~


【アナウンサー】

山陽小野田市の農業法人「グリーンハウス」で働く右田さんにお話を伺います。

右田さんが農業をしようと思ったきっかけは何だったのですか。


【有限会社 グリーンハウス 右田 静加 さん】

私は高校で農業の授業を選択し農業に出会ったのですが、そのころから仕事として農業がしたいと思って、就職先として高校の先生に勧められた「グリーンハウス」へ入社しました。

今年で入社7年目ですが、現在は、製品管理課の主任として、野菜の収穫や、ネギの皮むき、軽量などの出荷調製作業をしています。


【アナウンサー】

右田さんは去年、「ステキ女子キャリアアップ講座」を受講されたそうですが、参加してみていかがでしたか。


【有限会社 グリーンハウス 右田 静加 さん】

講座では、仕事に関する考え方を学びました。

会社の経営理念や経営方針などについて自分なりに考え、経営者の視点を知ることができました。

講座に参加して、自分自身の視野が広がったと思います。



~まとめ~


【県農林水産政策課 大賀 玲子 さん】

県では、「きれい」に「輝き」ながら「かしこく」「かせぐ」ステキ女子として、農業・林業・漁業で活躍していく女性を応援していきます。


【有限会社 グリーンハウスの皆さん】

私たちと一緒に、頑張りましょう。



◆お問い合わせ先

山口県農林水産政策課 電話 083-933-3370



テキストデータは以上です。




関係先:山口県農林水産部農林水産政策課

お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる