このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 魅力発県やまぐち・特集「やまぐちレトロ散歩」

平成30年 (2018年) 11月 6日

広報広聴課

特集「やまぐちレトロ散歩」岩国学校教育資料館

「やまぐちレトロ散歩」トップページへ

レトロ


まるでタイムスリップしたみたい!?明治、大正、昭和と、その時代ごとの景観や空気を今に伝える建物が山口県にはあります。そんな建物の数々を紹介する「やまぐちレトロ散歩」。─あなたも山口で歴史浪漫に浸ってみませんか?



岩国学校は、藩の青少年を教育するため、明治3(1870)年に岩国2代藩主吉川経健(きっかわ つねたけ)により建設されました。建設当初は、上層を教員詰所、下層を中学校生徒の教室とした2階建てでしたが、明治5(1872)年に3階が増築されました。当初の大部分は和風様式でしたが、増築した3階は屋根鉄板ぶき、アーチ窓、よろい戸付、しっくい大壁造りの洋風でした。この和洋を合わせ取り入れた手法は、全国に現存する明治初年の学校建築の中でも、様式の特異性において他に例をみないといわれており、昭和44(1969)年には山口県有形文化財に指定されています。建設以降、各所の改造などもありましたが、昭和46(1971)年に復元修理が行われました。


岩国学校教育資料館 復元修理前の姿をおさめた貴重な写真

岩国学校教育資料館                   復元修理前の姿をおさめた貴重な写真


1階には、この学校で学び、日本の電気事業の発展に寄与したことから、「日本のエジソン」や「日本の電気の父」とも呼ばれる藤岡市助(ふじおか いちすけ)の関連資料を展示する「藤岡市助記念コーナー」があります。電気史を知る上で、貴重な資料が展示されており、県外からもお客さんが来られるそうです。

様々な時代の電球 木炭自動車車内

さまざまな時代の電球             藤岡市助の工部大学校卒業証


向かい側の部屋には、寺子屋時代から現在までの教科書を時代ごとに展示する「教科書展示室」があります。こちらの部屋には、昔の机や椅子が並べられており、座って、各時代の教科書(複製)を閲覧することができるので、なんだかタイムスリップしたような気持ちになります。


教科書展示室 昔の机と椅子

教科書展示室                昔の机と椅子。この部屋では、

                         岩国市ゆかりのDVDも視聴できます。


昔の教科書 昔の教科書

さまざまな時代の教科書が展示されています         レトロな雰囲気がかわいい昔の教科書


それでは、2階に上がってみましょう。2階には、藩政時代に岩国の主産業だった紙すきの道具や農機具などを展示する「民俗資料展示室」や、旧岩国藩主吉川家や名誉市民など、江戸時代から現代までの岩国市ゆかりの人物の関連資料などを展示する「郷土資料室」があります。当時、実際に使用されていた資料も展示しているので、岩国市の歴史を肌で感じることができますよ。


民族資料展示室 手漉き和紙すき用具

民俗資料展示室                手漉き和紙紙すき用具


郷土資料室 展示室の様子

郷土資料室                  郷土資料



岩国市では、藤岡市助の偉業にちなみ、明治42(1909)年から昭和4(1929)年まで市内を走っていた路面電車をモデルに製作した、電車型レトロバス「いちすけ号」を運行しています。岩国の教育の象徴である岩国学校教育資料館を訪れた後は、「いちすけ号」に乗って、岩国市のレトロな町並みに思いを寄せながら、周辺の観光施設を巡ってみませんか?


岩国学校教育資料館

※地理院タイル(標準地図)(URL:http://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html#std)

 を加工して作成

岩国学校教育資料館

所在地:岩国市岩国3丁目1番8号

開館時間:9時から17時まで

休館日:月曜日(休日の場合は翌日)、

年末年始(12月29日から1月3日まで)

入館料:無料

問い合わせ:電話・FAX 0827-41-0540



お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる