このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 魅力発県やまぐち・特集「やまぐちレトロ散歩」

平成30年 (2018年) 11月 6日

広報広聴課

特集「やまぐちレトロ散歩」下関市立豊北歴史民俗資料館「太翔館」

「やまぐちレトロ散歩」トップページへ

下関市立豊北歴史民俗資料館 太翔館


まるでタイムスリップしたみたい!?明治、大正、昭和と、その時代ごとの景観や空気を今に伝える建物が山口県にはあります。そんな建物の数々を紹介する「やまぐちレトロ散歩」。─あなたも山口で歴史浪漫に浸ってみませんか?


下関市立豊北歴史民俗資料館「太翔館(たいしょうかん)」は、大正13(1924)年に建造された旧滝部小学校の本館です。なんとこの建物、ルネサンス様式の石造建築を木材で表現されています! 大正時代の大工さんの技術にびっくり!

昭和54(1979)年には、大正期の代表的な学校建築として県の有形文化財に指定され、翌年から、豊北町歴史民俗資料館として多くの方々に利用されてきました。平成19年度から23年度の保存修理工事を経て、大正時代創建当時の姿に復元されました。


太翔館外観

太翔館本館の外観


本館は木造2階建ての寄棟造り。本館の左右には45度方向に平屋建ての校舎を取り付け、前庭を包むように配置されています。この配置は、西欧において見られることがありますが、日本では珍しく、設計者がドイツ技師だと伝えられていることにも納得します。外装は、接合部にすき間を空けて横板を張る「目地すかし横板張り」、窓は、本館は欄間(らんま)付きの上げ下げガラス戸、校舎は引違いガラス戸を付けています。木部は内外ともペンキ塗りで、当時の色や石の質感を再現しています。


太翔館 校舎

       鳳凰(ほうおう)が両翼を広げたような          桟瓦葺き(さんがわらふき)の屋根

       シルエットがかっこいい!!               は、趣とどこか懐かしさを感じます


それでは、中に入ってみましょう。入り口にある、御影石(みかげいし)を使ったかわいらしい三連のアーチが目を引きます。


3連半円形アーチ ポスト

            三連半円形アーチ              入り口には、なぜか昔のポストも


この建物は、地元出身の実業家(化粧品を製造販売していた中山太陽堂の創業者)・政治家である中山太一(なかやま たいち)氏とその2人の弟が、巨費を当時の滝部(たきべ)村に寄付し、大正13年(1924)に建設されたものです。当時、下足場として使われていたエントランスには、中山太一氏に関する資料をはじめ、豊北地域の案内やイベント情報が置いてあります。


エントランスホール 中山太一氏に関する資料

           天井の高いエントランス              中山太一氏に関する資料


教室として使われた部屋では、昔の小学校の教科書や学校に関連したものを展示しています。また、女生徒の礼儀作法や裁縫を教える女礼室も公開されています。当時、この女礼室には、電灯がなかったため、窓を広く取っているそうです。昔の人の知恵を感じます。


教室 昔の教科書 女礼室

          教室             小学校の教科書            女礼室


また、さまざまな企画展が行われる、下の写真の展示室は、昔のある部屋を活用しています。そこは、どんな部屋だったのでしょうか? 展示室に入って、ぜひチェックをしてみてください。

ルネサンス様式の流れを感じる半円形の小部屋 足あと

    展示室。取材時には、昔の人々が使っていた道具など   なぜ「5m」の文字と足跡があるのでしょうか?

           が展示されていました



2階は、特別展・企画展が行われる講堂となっています。第2次大戦中まで、天皇・皇后の写真(御真影(ごしんえい))や教育勅語などを収めていた「奉安殿(ほうあんでん)」のある珍しい講堂です。


奉安殿のある講堂 奉安殿

              講堂                        奉安殿


講堂や女礼室(和室)、教室は、見学ができるだけではなく、部屋の貸し出しも行っています。


地図

※地理院タイル(標準地図)(URL:http://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html#std)

 を加工して作成

下関市立豊北歴史民俗資料館「太翔館(たいしょうかん)」

所在地:下関市豊北町大字滝部3153-1

開館時間:9時から17時まで(入館は16時30分まで)

休館日:月曜日(但し祝日または振替休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日から1月3日まで)

入館料:無料

問い合わせ:下関市立豊北歴史民俗資料館「太翔館」 電話083-782-1651



お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる