このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 魅力発県やまぐち・特集「やまぐちレトロ散歩」

平成30年 (2018年) 11月 6日

広報広聴課

特集「やまぐちレトロ散歩」萩市自然と歴史の展示館

「やまぐちレトロ散歩」トップページへ

萩市自然と歴史の展示館


まるでタイムスリップしたみたい!?明治、大正、昭和と、その時代ごとの景観や空気を今に伝える建物が山口県にはあります。そんな建物の数々を紹介する「やまぐちレトロ散歩」。─あなたも山口で歴史浪漫に浸ってみませんか?



「萩駅舎」は、大正14(1925)年に建てられ、平成10(1998)年に復元・補強され、現在は「萩市自然と歴史の展示館」として、萩の美しい自然や歴史を紹介する展示館として公開されています。白く美しい外観が目を引き、なんともかわいいこの駅舎は、「洋館駅の傑作」と言われていました。


萩市自然と歴史の展示館外観

「萩駅舎・萩市自然と歴史の展示館」外観


ドーマー窓を有する白壁に、柱や梁(はり)が露出するハーフティンバー構造の「萩駅舎」は、平成8(1996)年に国登録有形文化財に、平成20(2008)年に日本旅客鉄道株式会社の登録鉄道文化財に指定されています。


ドーマー窓 柱や梁が露出するハーフティンバー構造がわかります 国の登録有形文化財に指定されています

       屋根上のドーマー窓     柱や梁が露出するハーフティンバー     国の登録有形文化財に

                        構造が分かります          指定されています


まずは駅舎の周りを見てみましょう。駅舎前にある白い電話ボックスは、大正末期から昭和初期に設置された日本で2番目に古い型式で、写真を元に復元されました。この型式の電話ボックスが復元されているのは、日本で唯一ここだけです。また、電話ボックスの中には、現在の公衆電話もあるので、電話をかけることもできます。また、東京の汐留遺跡の発掘調査で出土した旧新橋停車場プラットホームの敷石を、縁石に利用して造られている花壇もあります。


電話ボックス外観 電話ボックス内観 花壇

        電話ボックス外観         電話ボックス内観            花壇


駅舎前の広場には、萩市出身で日本の「鉄道の父」と称される井上勝の銅像が建立されています。こちらの銅像は、有志によって建てられたもので、「鉄道の日」の平成28(2016)年10月14日に完成、除幕式が行われました。多くの方の井上勝をたたえる思いが伝わります。


井上勝の銅像

井上勝の銅像


館内は、萩の美しい自然や歴史をはじめ、井上勝に関する資料なども紹介されています。また、乗車券を収納する「回転式乗車券箱」や、単線区間で列車を安全に運転するための保安機器である「通票閉塞器(つうひょうへいそくき)」など、鉄道マニア必見の資料もありますよ。


萩の自然や歴史を紹介する展示 井上勝に関する展示

         萩の自然や歴史を紹介する展示              井上勝に関する展示

回転式乗車券箱 通票閉塞樹

             回転式乗車券箱             通票閉塞器



(一社)萩市観光協会

展示館の隣には、萩市観光協会もあり、ここで市内の観光情報を得ることができますよ。萩市観光の前には、こちらに立ち寄り、パンフレットなどを入手されてはいかがでしょうか。




                                            萩市観光協会




萩市自然と歴史の展示館

※地理院タイル(標準地図)(URL:http://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html#std)

 を加工して作成

萩駅舎・萩市自然と歴史の展示館

所在地:萩市大字椿3537番地の3

開館時間:9時から17時まで

休館日:12月29日から1月3日まで

入館料:無料



お問い合わせ先

広報広聴課



お問い合わせ先

広報広聴課

閉じる