このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政ワンショット・平成23年10月

平成30年 (2018年) 4月 25日

広報広聴課

県政ワンショット!


前のページに戻る


【10月】

ショット!

10月31日・九州地方知事会議に出席


会議の様子

九州・山口で連携した取組などを協議

本県と九州各県で構成する九州地方知事会議の今年度2回目となる会議が宮崎県で開かれ、二井知事が出席しました。会議では、災害時の広域応援について関西広域連合と協定を締結することが合意されたほか、「地域主権改革の推進」など9つの特別決議を採択しました。

担当課:政策企画課



ショット!

10月28日・「加速化プラン・改革プラン進行管理本部」第3回本部員会議を開催


会議の様子

総仕上げに向けラストスパートを!

県が進める「住み良さ日本一元気県づくり加速化プラン」と「新・県政集中改革プラン」の総仕上げに向けた第3回本部員会議を開催しました。本部長である二井知事は「これからが本当のラストスパート。予算措置を含めた今後の取り組みにより、総仕上げを確実なものにしなければならない」と述べ、各部局長からは現時点における両プランの進捗状況の報告を行いました。

担当課:政策企画課



ショット!

10月28日・平成24年度当初予算編成方針説明会を開催


会議で訓示する二井知事

加速化プランの達成に向けたラストスパート!

平成24年度の当初予算編成に当たり、県庁では各部局の職員を集め説明会を開催しました。説明会で二井知事は、「住み良さ日本一元気県づくり加速化プラン」に基づく県づくりと、持続可能な行財政基盤の構築に向けた「県政集中改革」の『2つの総仕上げ』は着実に進みつつあるが、さらにより多くの目標達成を目指し、より高い水準の実現に取り組むよう訓示しました。

担当課:財政課



ショット!

10月26日・中国地方知事会議に出席


会議で発言する二井知事

大規模広域的災害時の支援体制を合意

今年度第2回の中国地方知事会議が広島県廿日市(はつかいち)市で開催され、二井知事が出席しました。会議では大規模災害に備え、あらかじめ支援先の県を決めておく「カウンターパート制」の導入や、広域支援の包括的調整を行う本部の設置により、中国5県の支援体制の強化や四国との連携を図ることが合意されました。また、国への共同アピールとして「地域主権改革の断行」など6項目が採択されました。

担当課:政策企画課



ショット!

10月24日・「おいでませ!山口大会」感動のフィナーレ!!


閉会式後の解団式で記念撮影

過去最多メダルを獲得

10月22日から3日間の日程で熱戦が繰り広げられた、第11回全国障害者スポーツ大会「おいでませ!山口大会」が閉幕し、県選手団は172個という過去最多のメダルを獲得しました。閉会式では、選手やボランティアの皆さんなど約1万6000人が出席。選手たちは健闘をたたえ合い、交流を深めました。

担当課:国体・障害者スポーツ大会局 (別ウィンドウ)



ショット!

10月15日・「おいでませ!山口大会」開・閉会式の式典リハーサルを実施


リハーサルを行う二井知事

本番に向け、準備は万全

10月22日に開幕する、第11回全国障害者スポーツ大会「おいでませ!山口大会」の開・閉会式の式典リハーサルを、山口市の維新百年記念公園陸上競技場で実施しました。リハーサルでは、二井知事をはじめ出演者や運営スタッフなど約4,000人が参加し、本番に向け、式典の進行や演技などを確認しました。

担当課:国体・障害者スポーツ大会局 (別ウィンドウ)



ショット!

10月11日・「おいでませ!山口国体」で悲願の天皇杯を獲得!!


選手みんなでガッツポーズ

夢と感動の舞台をありがとう

10月1日に総合開会式を行い、県内各地で熱戦が繰り広げられた東日本大震災復興支援 第66回国民体育大会「おいでませ!山口国体」は、県民の皆さまの温かいご声援に支えられ、山口県選手団「チームやまぐち」は見事天皇杯、皇后杯を獲得しました。県民の皆さまには、観戦・応援やボランティア活動など、さまざまな形で国体に参加・協力いただき、全国に向け、勇気と希望、元気を送ることができた大会となりました。

担当課:国体・障害者スポーツ大会局 (別ウィンドウ)



→ページの先頭に戻る



お問い合わせ先

総合政策部

閉じる