このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 県民生活課 > 消費生活センター・第37回「消費者月間記念大会」を開催します

平成30年 (2018年) 5月 7日

県民生活課

第37回「消費者月間」記念大会の開催について

1 目的


5月は、消費者、事業者、行政が一体となって消費者問題に関する啓発・教育等の事業を集中的に行う「消費者月間」です。

山口県では、月間行事の一環として、「みんなでつくろう! 消費者が主役の社会!!」(※)をテーマとした記念大会を開催します。

また、自分で考え行動する「自立した消費者」が主役となる社会の実現を目指し、消費生活の問題を考えるきっかけとして募集した「消費者啓発の標語」の入選者の表彰を行います。

※テーマは消費者庁が設定した平成27年度消費者月間統一テーマ


2 日時


 平成27年5月22日(金曜日) 13:00~16:00


3 場所


 萩市民館 大ホール

  (山口県萩市大字江向495番地4 TEL0838-25-1234)

交通アクセス (別ウィンドウ)

※駐車場に限りがありますので、自家用車の場合は相乗りか、公共交通機関をご利用ください。

4 主催


 山口県、萩市、山口県地域消費者団体連絡協議会


5 日程


13:00  開会式

13:20  平成27年度「消費者啓発の標語」入選作品表彰式

13:30  萩市消費生活センターマスコットキャラクター「萩にゃん」

       「消費者教育推進大使」委嘱式

13:45  記念講演「『つながる力』で創る 消費者市民社会」

          生活経済ジャーナリスト あんびる えつこ 氏

15:25  発表 「『ライス婦人とまな坊』の食育広場」

          山口県消費者団体連絡協議会 山本 里美(やまもと さとみ)氏

15:40  発表「あなたは、どちらを選びますか」

          山口県地域消費者団体連絡協議会 周南消費者協会

15:55  大会宣言

16:00  閉会


6 参加者


 どなたでも参加できます。(入場無料、事前の申込も不要です。また、手話通訳・要約筆記があります。)


7 平成27年度「消費者啓発の標語」入選作品


 ①内訳

  最優秀賞1点、優秀賞2点、佳作3点

  入選作品・作者及び選定理由は別紙のとおりH27消費者啓発の標語入選作品 (PDF : 201KB)


 ②応募状況

  ・応募人数 458人

  ・応募総数 865編

  ・最年少者  9歳

  ・最年長者 90歳


 ③最優秀賞作品は、今年度消費生活センターの広報媒体等に掲載するとともに、各市町の広報誌への掲載や各種啓

  発資料等での活用を依頼します。


8 消費者月間とは・・


消費者の利益を守り増進するため、昭和43年5月30日に「消費者保護基本法」(平成16年6月に「消費者基本法」と改称)が施行されました。昭和53年に同法制定10周年を記念して、5月30日が「消費者の日」と定められ、さらに20周年を迎えた昭和63年から、毎年5月を「消費者月間」とすることが決定されました。

「消費者月間」は、私たち一人ひとりが消費者の立場に立って、くらしを取り巻くさまざまな問題について、じっくり考え、行動するための機会です。


※ 〈参考〉第37回「消費者月間」記念大会チラシH27月間大会チラシ (PDF : 355KB)






お問い合わせ先

県民生活課

閉じる