このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 県民生活課 > 消費生活・山口県のエシカル消費

令和元年 (2019年) 12月 2日

県民生活課

エシカルロゴ

山口県のエシカル消費

「エシカル消費」とは

 「エシカル消費」は「倫理的消費」とも呼ばれ、国の消費者基本計画においては「地域の活性化や雇用なども含む、人や社会、環境に配慮した消費行動」と定義されています。簡単に言えば、世のため人のためになる消費行動といったところです。


 今までも、環境に配慮する「エコ」など、社会の課題の一部を扱う言葉はありますが、社会の課題全体を含む言葉はありませんでした。「エシカル」という言葉は、今までいろいろな言葉で表現していた課題全体を包み込むような言葉といえます。


 山口県では、県民の皆様の豊かさの向上や、県施策の更なる推進につなげるため、「エシカル消費」の普及啓発を進めています。



なぜ「エシカル消費」が必要?


 現在、社会の中には貧困や環境問題をはじめとした様々な課題が存在しています。一方で、全世界的に持続可能な社会を目指す動きも活発化しており、その動きの大きな柱として、2015年に国連サミットで採択されたSDGs(「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」があります。この目標は、国連加盟国が2030年までに達成すべき目標とされています。目標達成のためには、政府のみならず、企業や消費者各々が、社会の課題を自分のこととして捉え、動くことが大切です。


 そのような中で、「エシカル消費」は重要なキーワードになります。「エシカル消費」は、SDGsの17の目標の内、「⑫つくる責任 つかう責任」に深く関係すると言われますが、それだけでなく、「①貧困をなくそう」や「②飢餓をゼロに」、「⑦エネルギーをみんなに そしてクリーンに」、「⑧働きがいも経済成長も」など、多くの目標に関係してくるのです。


 一人一人が、消費行動の影響に気づき考えて消費すること(「エシカル消費」)で、SDGsの目標が達成され、持続可能な社会の実現に一歩近づくことになるのです。





具体的な「エシカル消費」

 では、「エシカル消費」とは具体的に何をすればよいのでしょうか。社会的課題を考えつつどういった行動が「エシカル消費」なのか考えてみましょう。

【社会的課題とエシカル消費の例】

配慮先

課    題

エシカルな消費行動

・障害者就労施設利用者の賃金(工賃)向上

・障害者、高齢者等の行動の制限

・授産製品の購入

・バリアフリー製品の購入

社 会

・発展途上国の貧困

・子どもの飢餓

・フェアトレード商品の購入

・寄付付き商品の購入

環 境

・森林伐採

・食品ロスの増加

・地球温暖化

・再生紙等のリサイクル製品の使用

・必要なものを必要な量だけ購入

・再生可能エネルギーの利用

地 域

・地域の過疎化

・災害被災地域の復興

・伝統文化の衰退

・地産・地消商品の購入

・被災地産品の購入

・伝統工芸品の利用


 表にあげた例は、ごく一部の例です。しかし、身近で既に実行しているものもあったのではないでしょうか。


「エシカル消費」は特段難しいことではなく、今までの生活の延長線上にあるもので、今までよりちょっと考えて消費行動をすればよいのです。


 「エシカル消費」には正解はありません。個人によって配慮する視点やできることが違います。また、場所や時代によっても考え方が変わってきます。先述の例も、「エシカル消費」ではないと感じる人もいるかもしれません。「エシカル消費」で大切なのは、一人一人ができる範囲でしっかり考えて行動することなのです。


「エシカル」=「エ(影響を)・シ(しっかり)・カル(考える)」

一般社団法人エシカル協会代表理事の末吉里花さんの言葉





「エシカル」な商品の見つけ方

 あなたは、日々の買い物の中で「エシカル消費」を実践しようとしたとき、どのようなことに注意して商品を選びますか。


 選ぶポイントは、原材料や生産地、添加物、パッケージの材料など様々あります。選ぶことに慣れていれば、自分の基準を持って選べるでしょうが、初めは何を選んでよいか迷うかもしれません。


 そこで助けになるのが、いろいろな認証マークです。認証マークは、その商品の生産過程や原材料などについて、国や国際団体が作成した基準を満たしていることを示しており、第三者機関が審査をして与えられます。つまり、認証マークの付いた商品は、ある程度「エシカル」な商品であることが担保されている商品ということが言えます。


 認証マークは数多く存在しますが、代表的なものを御紹介します。

【エシカル認証ラベルの例】

名 称

発行機関

又は管理団体

概   要

マーク

有機JASマーク

農林水産省

有機食品の規格に適合した生産を行う事業者を認証

有機JASマーク

エコマーク

公益財団法人

日本環境協会

商品の製造、使用、廃棄などによる環境への負荷が少ないか、商品の使用が環境保全に寄与するとされるものを認証

エコマーク

MSC

「海のエコラベル」

MSC

(海洋管理協議会)

持続可能な環境規格を満たした漁業で獲られた水産物につけられる

MSC

RSPOマーク

(持続可能なパームオイルの認証マーク)

持続可能なパーム油のための円卓会議

(RSPO)

パーム油の原料栽培や製造において、環境や社会に配慮した生産が行われているものを認証

RSPO

FSC®

(責任ある森林管理のマーク)

Forest Stewardship Council®

(森林管理協議会、FSC)

環境や地域社会に配慮して管理・伐採された森林の木材を使用した製品を認証

FSC

国際フェアトレード認証ラベル

国際フェアトレードラベル機構

生産者への適正な価格の支払い、労働環境保護、農薬使用規制等の国際フェアトレード基準をクリアした製品を認証

国際フェアトレード認証ラベル




山口県の「エシカル消費」

 まだ山口県内では言葉が十分に知られていない「エシカル消費」ですが、実は「エシカル消費」と言える活動は行われています。いくつか御紹介しますので、皆さんの身近でも探して実践してみましょう。

【県庁の「エシカル消費」】

課  名

取組名称

概    要

廃棄物・リサイクル対策課

レジ袋削減の推進

山口県容器包装廃棄物削減推進協議会によるマイバッグ運動等の啓発。

食品ロス削減の推進

山口県食品ロス削減推進協議会の「やまぐち食べきっちょる運動」による食べ残し削減等の啓発。

環境政策課

物品管理課

グリーン購入の推進

県庁における環境負荷の低減に資する製品等の調達を推進するため、「山口県グリーン購入の推進方針」及び「山口県グリーン購入ガイド」を定め、毎年実績を集計し公表。

自然保護課

ふしの干潟いきもの募金

椹野川河口干潟等の自然再生を進めるため、生態系サービスを活用した寄付付き商品、イベント参加費への寄附額の付加等により、募金活動を実施。

障害者支援課

授産製品販売会の開催

障害者就労施設の収益向上に向けた販路拡大を目的として、授産製品の販売会を実施。

ぶちうまやまぐち推進課

地産・地消の取組

県内の身近な農林水産物を県内で消費する取組。


【民間企業の「エシカル消費」】

企業名

取組名称

概   要

松月堂製パン株式会社

県内産小麦使用のパンの製造・販売

県内産小麦「せときらら」を使用したパンの製造・販売。

地域の企業とコラボした商品の開発・販売

地元企業の製品を使用した商品の製造・販売。

フェアトレード&マクロビオティック

スークsouq

フェアトレード商品の販売

発展途上国で製造されたフェアトレード商品の販売。

オーガニック食材の販売

穀物、豆類、オイル等などのオーガニック食材の販売。


【各種団体等の「エシカル消費」】

団体等

取組名称

概    要

生活協同組合コープやまぐち

エシカル商品の販売

環境保護や発展途上国の支援などの寄附金付き商品、リサイクル商品等の取扱いと独自マークでのPR。また、宅配商品カタログに「コープのエシカル」というコーナーを設けて、エシカル商品をピックアップして販売。

地産知食の活動

県内産の農畜産品を食べてもらうとともに、その産品をより深く知ってもらうことで、地域の活性化を図る。

虹の募金箱の設置

ユニセフ募金や被災者支援、平和活動等の各種募金運動を実施。

山口県立大学公認サークル

YPU TFT Project

世界の食の不均衡の是正

学食などにおけるヘルシーな定食の販売を通じて、途上国の給食として1食につき20円の寄附を行い、世界の食の不均衡の解消を図る。

山口県立宇部高等学校

探究科

課題研究で「エシカル消費」に関する研究を実施

【主な「エシカル消費」関係の研究】

・宇部高発フェアトレード3Wクッキーの製造・販売

・食品ロス削減プロジェクトin宇部高校

特定非営利活動法人

フードバンク山口

食品ロスの削減と生活困窮世帯の食糧支援

食品ロスの削減と格差是正のため、フードバンクポストの設置によるフードドライブの推進とフードバンク活動を実施。

山口県地域消費者団体

連絡協議会

地域住民向けのエシカル啓発出前講座の実施

地域住民の要請に応じて、エコやリサイクルなど、「エシカル」に関する事柄についての出前講座を実施。

山口県消費者団体

連絡協議会

エシカル学習会の開催

会員向けに、お買い物ゲーム等を通じた実践的なエシカル学習会を実施。

フードドライブの活動

会員を対象に、フードドライブ活動等の学習会や各家庭の不要な食品の寄附活動を実施。

普及啓発等活用資材

エシカル消費ガイドブック

ガイドブック(表紙、裏表紙) (PDF : 171KB)

ガイドブック(本編) (PDF : 10MB)

ガイドブック


エシカル消費普及啓発チラシ

エシカルチラシ(A4) (PDF : 502KB)

エシカルチラシ(表)

エシカルチラシ(裏)


エシカル消費普及啓発ポスター

エシカルポスター(B2) (PDF : 448KB)

エシカルポスター



エシカル消費普及啓発資材貸出

 エシカル消費普及啓発資材貸出ページ




県主催のエシカル消費啓発イベント

エシカル・ラボin山口

(平成30年10月20日開催)

やまぐちdeエシカルinイオン

(令和元年7月24日開催)

お問い合わせ先

県民生活課



お問い合わせ先

県民生活課

閉じる