このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > こども政策課 > 保育所等職員応援給付金・給付金の支給

令和2年 (2020年) 8月 3日

こども政策課

保育所等職員応援給付金について

1.概要

私立保育所、私立幼保連携型認定こども園及び放課後児童クラブは、医療従事者等社会の機能を維持するために就業を継続することが必要な家庭の子どもの受入れ先として、新型コロナウイルス感染症の感染リスクがある中で、学校の臨時休業期間中も、国・県からの要請に基づき、感染防止対策を講じながら、継続してサービスを提供してきました。この間、相当程度心身に負担がかかる中、強い使命感を持って、保育サービス等の継続に努めていただいた職員に対し、応援給付金を支給します。


2.支給対象

対象施設で対象期間内に通算10日以上勤務し、利用者に接する業務に従事した職員(資格や職種、雇用形態による限定なし)

 

対象施設

対象期間

・私立保育所

・私立幼保連携型認定こども園

・放課後児童クラブ(公立含む)

令和2年3月2日(学校の臨時休業日)~

令和2年5月24日(県立学校の一斉臨時休業終了日)


3.支給額

1人につき5万円


4.申請受付期間

令和2年7月21日(火曜日)~9月30日(水曜日)


5.申請方法

原則として、施設(法人)を通じて、申請・支払い等の手続きを行います。

支給の流れ

①代理受領委任状提出 (職員等 → 施設(法人))

②申請 (施設(法人) → 県)

③支給決定通知・支払い (山口県 → 施設(法人))

④支払い (施設(法人) → 職員等)


※具体的な申請の手順等については、「別紙:申請の手順【施設(法人)用】」を参照してください。


<退職者の場合>

・退職者についても、要件を満たす場合には、支給対象となります。

・退職者に係る申請等についても、原則として、施設(法人)から該当退職者に連絡いただき、施設(法人)を通じて申請・払い込  みとなります。

・例外的に、施設等が連絡先等を把握できない場合等は、当該退職者が県に直接申請し、県から当該職員へ直接支給します。

・退職者が個人申請を行う場合であっても、勤務先の施設の事業者において、当該退職者に対し、勤務証明を行う必要があります。




※支給に関する詳細事項(対象者・支給の方法等)については、下記「申請の手引き」をご確認ください。

申請の手引き【施設(法人)用】 (PDF : 595KB)

別紙:申請の手順【施設(法人)用】 (PDF : 368KB)

別記第1号様式_代理受領委任状 (Word : 17KB)

別記第2号様式_支給申請書 (Excel : 55KB)

保育所等職員応援給付金支給要綱 (PDF : 781KB)


<退職者による個人申請の場合>

申請の手引き【個人用】 (PDF : 583KB)

別紙:申請の手順【個人用】 (PDF : 258KB)

別記第4号様式_支給申請書(個人用) (Excel : 36KB)

※個人申請の様式等は、各市町保育担当窓口においても入手できます。


■振込手数料に係る補助について

保育所等職員応援給付金支給事業費補助金交付要綱 (PDF : 324KB)

別記様式1~3号 (Word : 16KB)


お問い合わせ先

こども政策課           保育所等職員応援給付金担当



お問い合わせ先

こども政策課           保育所等職員応援給付金担当

閉じる