このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 長寿社会課 > 山口県認知症カフェサミット・第2回山口県認知症カフェサミット

令和元年 (2019年) 10月 10日

長寿社会課

第2回山口県認知症カフェサミットを開催しました


認知症カフェは、認知症やその家族にとって気軽な社会参加や相談の場であり、また医療・介護の専門職や地域住民の交流や情報交換を通じてお互いを理解しあう場です。

本県では、認知症や認知症カフェに対する正しい理解の普及啓発を図るとともに、認知症カフェの情報を共有することで地域における認知症カフェの設置の促進を目的として、次のとおり「第2回山口県認知症カフェサミット」を開催しました。

第1部・第2部あわせて378名の参加があり、若年性認知症や認知症カフェについて学び、考える機会となりました。

御来場くださった方々、企画、運営に携わった方々、ありがとうございました。



(1)趣旨

認知症高齢者やその家族が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、広く県民を対象として、認知症や認知症カフェに対する正しい理解の普及啓発を図るとともに、認知症カフェの情報を共有することで地域における認知症カフェの設置の促進を図る。


(2)日時

令和元年10月6日(日曜日) 午前10時~午後3時


(3)会場

宇部市渡辺翁記念会館(宇部市朝日町8-1)


(4)主催

山口県/公益社団法人認知症の人と家族の会山口県支部


(5)内容

【第1部】

10:00  開会

10:05  認知症カフェの意義と現状について

講師:公益社団法人認知症の人と家族の会山口県支部 代表世話人  川井 元晴



「認知症カフェの意義と現状について」 講師:公益社団法人認知症の人と家族の会山口県支部 代表世話人  川井 元晴 




10:30 【講演・対談】「認知症とともに笑顔で生きる」

講師:丹野 智文 さん  仙台市在住 若年性認知症当事者




講演「認知症とともに笑顔で生きる」  講師:丹野 智文 さん  仙台市在住 若年性認知症当事者





対談   左:公益社団法人認知症の人と家族の会山口県支部 川井代表世話人  右:丹野 智文 さん  








【第2部】

13:00 【シンポジウム】「こんなカフェがあったらな~」

シンポジスト

作業療法士:京都府

ご本人:京都府

カフェ代表者:宇部市

医師:下関市



【シンポジウム】「こんなカフェがあったらな~」





15:00 閉会


※11:00~14:30 認知症カフェの模擬開催


11:00~14:30 認知症カフェの模擬開催







【展示による紹介】

①山口県の認知症カフェマップ:各市町の認知症カフェのチラシを紹介・配布しました




山口県の認知症カフェマップ 各市町の認知症カフェのチラシの配布



②宇部市



宇部市の認知症カフェの紹介です




③各認知症疾患医療センター



山口県内の認知症疾患医療センターの紹介です




④RUN伴



RUN伴の紹介です



⑤認知症の人と家族の会山口県支部



認知症の人と家族の会山口県支部の紹介です






お問い合わせ先

長寿社会課



お問い合わせ先

長寿社会課

閉じる