このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > 新型コロナウィルス関係・特定建築物における新型コロナウイルス感染症対策について

令和2年 (2020年) 3月 23日

生活衛生課

特定建築物における新型コロナウイルス感染症対策について


 国の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が令和2年3月9日に発表した「新型コロナウイルス感染症対策の見解」の中で、「新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団)発生のリスクが高い日常生活における場面についての考え方」が以下のとおり示されました。

 特定建築物の所有者等の皆様におかれましては、既に様々な対策をとられていることと思いますが、今後の対策に当たりこの考え方を参考とされますようお願いします。



 「クラスター(集団)発生のリスクが高い日常生活における場面についての考え方」の内容


○ これまでクラスター(集団)の発生が確認された場面と条件


 これまで感染が確認された場に共通するのは、①換気の悪い密閉空間、②人が密集していた、③近距離の会話や発声が行われたという3つの条件が同時に重なった場です。こうした場ではより多くの人が感染していたと考えられます。


図:新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の資料から引用



○ クラスター(集団)の発生のリスクを下げるための3つの原則


①換気を励行する:窓のある環境では、可能であれば2方向の窓を同時に開け、換気を励行します。ただ、どの程度の換気が十分であるかの確立したエビデンスはまだ十分にありません。


②人の密度を下げる:人が多く集まる場合には、会場の広さを確保し、お互いの距離を1-2メートル程度あけるなどして、人の密度を減らす。


③近距離での会話や発声、高唱を避ける:周囲の人が近距離で発声するような場を避けてください。やむを得ず近距離での会話が必要な場合には、自分から飛沫を飛ばさないよう、咳エチケットの要領でマスクを装着するかします。


 これらに加えて、こまめな手指衛生と咳エチケットの徹底、共用品を使わないことや使う場合の充分な消毒は、感染予防の観点から強く推奨されます。



 国からの通知


「新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団)の発生のリスクを下げるための3つの原則」の周知について(R2.3.19 厚生労働省事務連絡) (PDF : 48KB)

新型コロナウイルス感染症対策の見解 (R2.3.9 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議) (PDF : 568KB)

お問い合わせ先

生活衛生課



お問い合わせ先

生活衛生課

閉じる