このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 薬務課 > 麻薬・心の勇気(薬物乱用防止高校生体験セミナー)

令和元年 (2019年) 9月 26日

薬務課

薬物乱用防止中学生・高校生体験セミナー

 現在、全国的に覚醒剤、大麻などの薬物乱用が深刻化しています。

 そこで、薬物の本当の恐ろしさを理解し、薬物の誘惑に負けない強い意志を養うため、長門・萩地区の中学生等が体験学習に参加しました。


セミナーの概要


【開催日】 令和元年7 年31日(水曜日)

【参加者】 15 人( うち 中学生 9人 、高校生 1人 、引率教諭 1人 、薬物乱用防止推進員等 4名 )


【訪問先】 門司港湾合同庁舎


【内 容】

1 九州厚生局麻薬取締部小倉分室職員による講演


 麻薬取締官から、違法薬物の取締現場の具体的な説明などがあり、薬物の危険性や、誘われても断る勇気を持つことの大切さを学びました。


麻取1



2 門司税関職員による講演、麻薬探知犬によるデモンストレーション、巡視艇及び旧門司税関(広報展示室)の見学


 税関職員から、違法薬物等の密輸状況の説明や、麻薬探知犬によるデモンストレーション、巡視艇などの見学を行い、違法薬物等を取り巻く現状や、薬物の恐ろしさについて学びました。


門司税関1


門司税関2


セミナーを終えて


 参加した中学生が、同世代に向けてレポートを作成しました。

体験レポート(長門市立深川中学校) (PDF : 392KB)

体験レポート(萩市立萩東中学校) (PDF : 546KB)



お問い合わせ先

健康福祉部

閉じる