このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 森林企画課 > ローカル山だより・雑誌「現代林業」2019年1月号の表紙に掲載

平成30年 (2018年) 11月 27日

森林企画課

山口県西部森林組合の永見優子さんが、雑誌「現代林業」2019年1月号の表紙に掲載されます。!

 平成30年11月15日(木曜日)、下関市豊田町において、山口県西部森林組合の永見優子さんをモデルに、月刊誌「現代林業」(※)2019年1月号の表紙撮影が行われました。

 表紙になる写真は1枚ですが、チェンソーを手に、ヘルメットを手に、林業機械「グラップル」に乗ってなど、数パターンの写真が撮影されました。


 また、「林業の楽しさ」、「印象に残っている現場」、「女性が林業に携わるメリット」などについて、永見さんへのインタビューも行われました。

 「女性が林業に携わるメリット」として、永見さんや班員は、「コミュニケーションが増えた」、「安全な作業を行うことで、作業効率が上がった」、「計画性が高まった」、「林業をPRする機会が増えた」等を挙げました。

 その成果として、永見氏が林業に就業してからこれまでの約3年間、班員全員が無事故につながっています。


 さらに、インタビューの様子は、動画配信も予定されています。「林業の楽しさ」や「今後の目標」等を元気に語っています!

 配信され次第、県森林企画課HPでもご紹介しますので、是非ご覧ください。


 終始、笑い声の絶えない和やかな撮影だったので、その雰囲気が伝わる笑顔あふれる表紙の「現代林業」2019年1月号が楽しみです!


 (※) 月刊誌「現代林業」とは

 地域レベルでの林業展望、再生可能な木材の利活用、山村振興をテーマとして、 林業の最新動向・情報を掲載したビジネス誌。


チェンソーを手に撮影される永見さん 撮影終了後、みんなで記念撮影

       チェンソーを手に撮影される永見さん  撮影終了後、みんなで記念撮影

          ピンクのチェンソー!?

お問い合わせ先

森林企画課



お問い合わせ先

森林企画課

閉じる