このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 文化芸術関係表彰・文化功労賞推薦募集

令和2年 (2020年) 5月 18日

文化振興課

令和2年度「山口県文化功労賞」受賞候補者の推薦募集について

 県では、平成8年度から、文化に関する創作活動や地域の文化団体の活動などを通じて、多年にわたり文化の振興に顕著な功績のあった個人及び団体に対して、「山口県文化功労賞」を授与しており、昨年度までに個人166名、21団体の方々が受賞されています。

 本賞は、県民の皆様からも御推薦いただくこととしておりますので、本賞にふさわしい個人又は団体について、積極的な御推薦をいただきますようお願いいたします。

 受賞候補者を推薦される方は、推薦調書に御記入の上、山口県文化振興課あてに郵送してください。


◇手続きについて

 ①推薦調書

  05推薦調書(個人) (Word : 35KB) 06推薦調書(団体) (Word : 34KB)

  05推薦調書(個人) (PDF : 91KB) 06推薦調書(団体) (PDF : 94KB)



 ②締切

  令和2年7月27日(月曜日)<当日消印有効>


 ③提出・お問い合せ先

  〒753-8501 山口市滝町1番1号

  山口県観光スポーツ文化部

  文化振興課 地域文化班

  Tel083-933-2610(直通) FAX083-933-4829



■山口県文化功労賞受賞要綱


(趣旨)

 第1条 この要綱は、本県の文化の発展に資するため、山口県文化功労賞(以下「功労賞」という。)を授与することについて必要な事項を定めるものとする。


(授与の対象)

 第2条 知事は、県内に居住する者若しくは主たる事務所を有する団体又はこれら以外のもので山口県に特に縁故がある者若しくは団体で、次のいずれかに該当するものに授与する。

  (1) 文化の振興に顕著な功績があった者又は団体。

  (2) 文化に関する創作等により顕著な成果をあげた者又は団体。

  (3) 地域の文化団体の役員(理事職相当以上とする。)として10年以上在職した者。

  (市町の団体の場合は、原則として会長経験者とする。)

 2 年齢は、概ね50才以上とする。


(受賞候補者の推薦)

 第3条 知事は、次の各号に掲げるものから功労賞の受賞候補者の推薦を受けるものとする。

  (1) 市町長

  (2) 文化団体の長

  (3) 県の機関の長

  (4) 報道機関の長

  (5) 過去に功労賞を受賞した者又は団体

  (6) その他一般県民


(選考委員会)

 第4条 知事の諮問に応じ、功労賞の受賞候補者の選考に関する事項を調査審議するため、選考委員会(以下「委員会」という。)を置く。

 2 委員会は、委員15名以内で組織する。

 3 委員は、次の各号に掲げる者について、知事が委嘱する。

  (1) 文化・芸術の各部門について知識経験を有する者

  (2) 県観光スポーツ文化部審議監

  (3) その他知事が特に必要と認める者

 4 委員の任期は、3年とする。

 5 委員会に委員長を置き、委員の互選によってこれを定める。

 6 委員会の会議の議長は、委員長をもって充てる。

 7 委員会の庶務は、観光スポーツ文化部文化振興課において処理する。


(受賞者の決定)

 第5条 功労賞の受賞者は、委員会が選考したもののうちから、知事が決定する。


(賞及び授賞の期日)

 第6条 功労賞は、賞状及び記念品を授与して行う。

 2 功労賞の授賞は、毎年1回別に定める期日に行う。


(追賞)

 第7条 第5条の定めにより功労賞の授賞の決定を受けた者が功労賞を受ける前に死亡したときは、死亡後であっても表彰を行う。


(その他)

 第8条 この要綱に定めるもののほか、功労賞の授与について必要な事項は、別に定める。


   附 則

この要綱は、平成8年9月20日から施行する。


   附 則

この要綱は、平成9年4月1日から施行する。


   附 則

この要綱は、平成18年11月30日から施行する。


   附 則

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。


   附 則

この要綱は、平成25年4月1日から施行する。


   附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

  山口県文化功労賞受賞要綱 (PDF : 96KB)



お問い合わせ先

文化振興課

閉じる