このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 社会教育・文化財課 > 家庭の元気応援キャンペーン・令和元年度協賛事業

令和元年 (2019年) 11月 28日

社会教育・文化財課

家庭の元気応援キャンペーンウェブページ


令和元年度「家庭の元気応援キャンペーン」協賛事業


「家庭教育支援強化月間」の取組に御協力いただき、ありがとうございました。協賛事業として取り組まれた活動を紹介します。

「NO残業デー」 社会医療法人 尾中病院

令和元年8月23日(金曜日)

グッドファミリン

8月23日(金曜日)を「NO残業デー」とし、職員に家庭での時間の確保を呼びかけました。今後も毎月実施していく予定です。病院という事業の性格上、「残業ゼロ」は難しいと思いますが、意識付けという意味では有意義であると思います。今後も一定期間実施していき、職業と家庭の両立のあり方について考える機会にしていきたいと思います。


「ノー残業促進週間」 山口県立周防大島高等学校

令和元年10月3日(木曜日)~10月9日(水曜日)

げんきファミリん

教職員が家庭で過ごす時間を確保するため、定期考査期間中である10月3日(木曜日)~10月9日(水曜日)を「ノー残業促進週間」とし、定時退校を呼びかけました。定時退校する教職員や、意識して通常よりも早めに退校する教職員が増加しました。また、年次有給休暇や代休の取得も促進することができました。


「『メディアと健康~スマホ・ケータイ安全教室~』 『わたしの約束』」 美祢市立重安小学校

令和元年10月4日(金曜日)

どうぞファミリん

4年生~6年生、保護者を対象に、「スマホ・ケータイ安全教室」を実施し、保護者とともにメディアとの賢い付き合い方を考えるため、「情報を公開する時に気を付けること」や「知らない人とのやり取りで気を付けること」、「メール等で気持ちを伝える時に配慮すること」や「家庭内でのゲームの約束」等について、専門家の話を聞きました。全学年で実施した「わたしの約束」では、ゲームの時間をコントロールすることを意識しながら、親子で平日、休日にゲームをする時間を決めました。家庭において、親子で振り返りを行い、「大切に 文字で伝える 自分の言葉」、「気をつけよう 友達とのやりとり 言葉遣い」、「ダメだよね インターネットの 使いすぎ」などの標語に表しました。


「ノー残業促進週間」 下関市立小串小学校

令和元年10月15日(火曜日)~10月18日(金曜日)

ピースファミリん

10月の第3週(10月15日~10月18日)をノー残業促進週間とし、教職員に家庭での時間の確保を呼びかけました。いつもより教職員の退庁時刻が早まりました。それぞれの家庭の事情もありますが、家庭で過ごす時間が増えたようでした。


「①『ノー残業デー』 ②『家庭の日は課外活動なし』 ③『運動会におけるふれあいの場の設定』     ④『家庭教育支援強化月間の広報』」   山口大学教育学部附属光小学校

①:令和元年10月11日(金曜日)、18日(金曜日)、26日(土曜日)②:10月20日(日曜日)③:10月26日(土曜日)④:10月1日(火曜日)

ポイントファミリン

①10月11日(金曜日)、18日(金曜日)を、午後7時までに帰る「プレミアム7」の日とし、26日(土曜日)を午後6時までに帰る「プレミアム6」として全職員で取り組み、家庭の時間の確保に努めました。②第3日曜日の家庭の日は、課外活動(弦楽合奏団)の練習を行わず、家族のための時間としました。③秋季大運動会では、PTA種目や親子競技など、家族がふれあう場を設定しました。④学校だよりにおいて、「やまぐち家庭教育支援強化月間」の広報を行い、家庭の元気応援キャンペーンの周知を図りました。「ノー残業デー」の「プレミアム7,6」により、家族とふれあう時間が確保され、父親が家庭教育にかかわる姿が多く見られました。職員の中には、父親が家事をする時間が増えたとの話もありました。


「毎週水曜日のノー残業デー実施(10月)」 サンヨーコンサルタント株式会社

令和元年10月2日(水曜日)、9日(水曜日)、16日(水曜日)、23日(水曜日)、30日(水曜日)

グッドファミリン

毎月2回(第1水曜日と第3水曜日)ノー残業デーを実施しています。10月は強化月間として、毎週水曜日をノー残業デーとし、家庭での時間を増やすよう促しました。定時退社により、家庭で過ごす時間を確保でき、心身ともにリフレッシュすることができました。


「ノー残業促進月間」 地域医療支援病院オープンシステム 徳山医師会病院

令和元年10月1日(火曜日)~10月31日(木曜日)

げんきファミリん

10月を残業削減努力月間とし、職員は定時退社し、家庭での時間を確保するよう促しました。仕事の効率化や見直しのきっかけとなったので、今後も継続していきたいと思います。


「基本的生活習慣の推進月間」 光市立束荷小学校

令和元年10月1日(火曜日)~10月31日(木曜日)

基本的生活習慣にかかわる内容を「ほけんだより(10月号)」に掲載し、全校児童に配付しました。また、基本的生活習慣についての保健指導を行うことで、児童や家庭への意識付けとなりました。


「ノー残業デー実施」 萩山口信用金庫

令和元年10月2日(水曜日)、9日(水曜日)、16日(水曜日)

10月の第1~第3水曜日をノー残業デーとし、全職員に家庭で過ごす時間の確保を呼びかけました。家族サービスをしたりスポーツで汗を流したりして、オフ(プライベート)を充実させることで、オン(仕事)への意欲向上につながりました。生活にメリハリがつき、リフレッシュ効果もあるので、今後も継続的に実施する方針です。


「ノー残業促進週間」 株式会社 東ソー分析センター

令和元年10月15日(火曜日)~10月18日(金曜日)

10月の第3週(10月15日~10月18日)をノー残業促進週間とし、社員に家族との時間を確保するよう呼びかけました。


「就学時健康診断時『子育て講座』」 山陽小野田市教育委員会社会教育課

令和元年9月25日(水曜日)~11月21日(木曜日)

9月~10月に実施される就学時健康診断時等、多くの親が集まる機会に、家庭教育支援チーム(事務局 社会教育課)が学習の場を提供することや親同士のつながりをつくることを目的として、「子育て講座」を実施しました。その中で、家庭教育(早寝・早起き・朝ごはん等の生活習慣)について講話を行っています。「子育て講座」は、前半に社会教育主事による講座、後半に家庭教育支援チームがファシリテーターとなって小グループでの懇談会を行う市内共通の内容で実施していますが、参加した保護者からは「参加してよかった」、「子どもとのかかわり方を見直す機会となった」、「入学までに生活習慣を改めていきたい」、「子育てに不安を感じるのは自分だけではなかった」などの感想が寄せられました。今後も継続して開催していきます。



「家庭教育講座」 下関市立向井小学校

令和元年10月7日(月曜日)

映画コメンテーターである大橋 広宣 氏による「個性を伸ばして生きる」と題した講演では、自身の体験や実例をもとに明るい口調で分かりやすくお話をされました。心に響く話が多く、これからの子育てや児童への接し方について参考になる講演でした。特に、発達障害について今まで分からなかったことがよく理解できました。子どものよさを認める姿勢を持ち続けたいと思います。



広報活動による協力団体 

美祢市立麦川小学校

周南市立住吉中学校

下関市立内日小学校

光市立周防小学校

山陽小野田市立高泊小学校

萩市立佐々並小学校

下関市立王江小学校

光市立浅江中学校

岩国市(広報いわくにっこ)

柳井市立余田小学校

下関市立菊川中学校

光市立三輪小学校

周南市立富田西小学校

岩国市立錦中学校

美祢市立重安小学校

下関市立小串小学校

下関市立宇賀小学校

光市立束荷小学校

下関市立向井小学校

 

 



お問い合わせ先

社会教育・文化財課

閉じる