山口県が誇る「逸品」「逸材」を通して"元気県山口"の魅力を発信
逸 やまぐち 夏号 Vol.1
コンテンツ

トップページへ
バックナンバー


山口県広報広聴課

〒753-8501
山口県山口市滝町1-1
電話:083-933-2566
FAX:083-933-2598
E-mail
a11000@pref.yamaguchi.lg.jp

七夕祭りの様子山口七夕ちょうちん祭り

 数千本の竹につけたおよそ10万個ものちょうちんが揺れながら夜の街を彩る「山口七夕ちょうちんまつり」。青森の「ねぶた」、秋田の「竿灯」と並んで日本有数の火祭りの一つにも数え上げられているこの祭りは、毎年8月6日、7日に山口市の中心商店街、パークロード、亀山公園などで開催されます。
約450年前から続くこの祭りは、室町時代に山口を治めていた守護大名・大内氏26代盛見が父母の冥福を祈るために盆の夜に笹竹の灯ろうをともしたのを起源とし、やがて町民の間に盆行事として広がったといわれています。当初は高燈ろうに火をともしていたともいわれていますが、やがて手軽なちょうちんに変えられ、笹竹に鈴なりのちょうちんが揺れる現在の方式が受け継がれて来ました。まさに山口の夏の風物詩です。
 祭りの夜、日没を迎えた商店街や駅通りでは、紅ちょうちんのろうそく一つひとつに火がともされ、一帯は光のトンネルと化します。浴衣姿で夜店をのぞく人の顔がほんのり、染まって見えるのも、あかりと楽しさのせいでしょう。綿菓子を手にした子どもも、光の中でスキップ。街の随所で、すだれちょうちんや飾り山笠、高さ十数メートルのちょうちんツリーなどダイナミックなあかりも楽しめます。
 7日の夜には、新山笠や御みこしが熱気と活気をふりむきながら通りを練り歩くほか、今年は、よさこい山口県大会を兼ねた「DANCE WAVE やまぐち MINAKOI のんた」も催され、幻想的な祭りの最後を「動」で飾ります。

【お問い合わせ】
 山口市ふるさとまつり実行委員会 電話:083-932-3456


関連サイト紹介
<< もどる
やまぐち革新録1 やまぐち自然大好き!!探検隊 集遊クリップボード/山口最旬観光情報 やまぐち情報交差点 あ〜よばれたい/山口食情報 MAIL BOX/お便り紹介 やまぐち島めぐり 山口七夕ちょうちん祭り 故郷へのラブレター/波田陽区さん 広報広聴課のページへ 山口きらめーる