平成28年鳥取県中部地震における技術職員の派遣について

平成28年 (2016年) 10月 24日

このことについて、鳥取県からの支援要請に基づき、以下のとおり職員を被災地に派遣します。


業 務 名被災建築物応急危険度判定業務被災宅地危険度判定業務
業務内容建築物の被害の状況を調査し、余震等による二次災害発生の危険の程度の判定・表示等を行う。被災宅地の亀裂や傾きの有無等の被害状況を把握し、調査結果に基づき当該宅地の危険度を判定する。
派遣期間
【第1陣】
本日(10月24日(月曜日))から
   10月28日(金曜日)まで
【5日間】
【第1陣】
明日(10月25日(火曜日))から
   10月29日(土曜日)まで
【5日間】
※被災地での活動は、3日間(前後1日は移動日)。それぞれ公用車で赴任。
派遣人員県職員4名(建築職)職員3名(土木職)
(県職員2名、山口市職員1名)
派 遣 先鳥取県倉吉市、東伯郡湯梨浜町、北栄町、三朝町
そ の 他「第2陣」以降の派遣については、いずれも調整中。

 


お問い合わせ先

監理課
Tel:083-933-3610
Fax:083-925-8862
Mail:a18100@pref.yamaguchi.lg.jp

建築指導課
Tel:083-933-3830
Fax:083-933-3869
Mail:a18800@pref.yamaguchi.lg.jp