平成29年度国の予算編成及び政策決定等に関する要望について

平成28年 (2016年) 11月 10日

このことについて、本日(10日)、下記のとおり要望を行いましたので、その概要をお知らせします。

1 要望先

総理官邸    内閣官房長官          菅  義偉(すが よしひで)

内閣官房    地方創生担当大臣        山本 幸三(やまもと こうぞう)

外務省      外務大臣             岸田 文雄(きしだ ふみお)

総務省      事務次官             佐藤 文俊(さとう ふみとし)

文部科学省   文部科学大臣           松野 博一(まつの ひろかず)

経済産業省   経済産業大臣           世耕 弘成(せこう ひろしげ)

国土交通省   事務次官             武藤  浩(むとう ひろし)

防衛省      防衛大臣             稲田 朋美(いなだ ともみ)


(表敬訪問)

総理官邸   内閣総理大臣           安倍 晋三(あべ しんぞう)


2 要望者

○ 総理官邸、内閣官房、外務省、総務省、文部科学省、経済産業省、国土交通省、防衛省

山口県知事      村岡 嗣政

山口県議会副議長  塩満 久雄


3 要望に対する主な回答及び発言

○ 総理官邸(菅官房長官)

 ・ 要望の趣旨については承った。

○ 内閣官房(地方創生)

 ・ 東京一極集中の是正に向けては、国としても、地方への人の流れが創り出せるよう、総合戦略の中でしっかり取り組んでまいりたい。

○ 外務省

 ・ 騒音対策や安全対策は、地元にとって切実な問題と理解している。地域振興についても、政府全体で取り組む必要があり、外務省としても尽力していきたい。

○ 総務省

 ・ 地方が自主的・主体的に地方創生の取組を進められるよう、地方の一般財源総額はしっかり確保してまいりたい。

○ 文部科学省

 ・ 政府機関の移転等については、しっかり検討させていただきたい。

 ・ 35人学級化など、きめ細かな指導体制の構築に向けては、出来る限り対応していきたい。

 ・ 錦帯橋の世界文化遺産登録に向けては、文化庁のほうで、できる限り支援に努めていきたい。

○ 経済産業省

 ・ 水産インフラ輸出については、国としても可能性調査の予算化を検討しており、取組が進むよう、しっかり支援してまいりたい。

 ・ 創業支援は、国も重視している。国の資金支援等も十分活用されたい。

 ・ 後継者の税負担のあり方など事業承継は重要な課題であり、国としてもしっかりと取り組んでまいりたい。

○ 国土交通省

 ・ 要望内容は承った。国際バルク戦略港湾や山陰道をはじめとする幹線道路網の整備については、国としてもしっかり取り組んでまいりたい。

 ・ 観光では、行政と民間事業者が連携して取り組む魅力ある観光地づくりや、山口宇部空港における国際便の受入環境の整備について、支援してまいりたい。

○ 防衛省

 ・ 岩国飛行場周辺の皆様が安全に、安心して暮らせる環境を確保していくことは当然大事なことであると考えており、要望については適切に対応してまいりたい。


なお、その他の省庁については、関係部局長、担当理事が要望活動を行いました。


 


お問い合わせ先

政策企画課
Tel:083-933-2516
Fax:083-933-2088
Mail:a10000@pref.yamaguchi.lg.jp