美祢市におけるセアカゴケグモの生息確認について

平成30年 (2018年) 4月 6日

1 概要

美祢市で発見され、住人により駆除されたクモについて、本日、特定外来生物「セアカゴケグモ」と確認されました。

なお、県内において、米軍岩国基地外で生息確認されたのは9件目で、美祢市では初めてです。


《セアカゴケグモ》

原産地:オーストラリア

特徴:成熟したメスの体長は、約0.7cmから1cm

腹部に赤色の模様(メスは毒を有する)


2 発見場所

美祢市大嶺町東分

県職員公舎敷地内の倉庫の中


3 経緯等

H30.4.5

 ・ 住人が公舎敷地内倉庫の中において、1個体を発見・駆除

 ・ 同定検査のため、美祢市及び宇部健康福祉センターが検体を搬送

H30.4.6

 ・ 県環境保健センターにおいて、セアカゴケグモと同定


4 対応状況

本日、美祢市及び県において、発見場所及びその周辺の調査を実施した結果、新たな生息個体は確認されませんでした。


5 注意喚起等

 ・ 自治会を通じ、周辺住民へ注意喚起のチラシを配布

 ・ 県HPのセアカゴケグモ注意コーナーの情報更新


(参考) 県民への注意事項

 ・ セアカゴケグモは攻撃性はありませんが、触ると咬まれることがありますので、絶対に素手で捕まえたり、触らないよう気をつけてください。

 ・ 駆除するには、家庭用殺虫剤(ピレスロイド系)を用いるほか、熱湯をかける、靴で踏みつぶす等の物理的な方法でも構いません。

 ・ 咬まれたときは、速やかに医療機関にご相談ください。できれば、殺したクモを病院へご持参ください。


 


お問い合わせ先

自然保護課 自然・野生生物保護班
Tel:083-933-3050
Fax:083-933-3069
Mail:a15600@pref.yamaguchi.lg.jp