『地方創生☆政策アイデアコンテスト2018』で地方創生担当大臣賞(最優秀賞)を受賞した県立豊北・下関北高等学校の知事・教育長訪問について

平成30年 (2018年) 12月 20日

本年12月15日(土曜日)に開催された標記コンテスト最終審査会において、高校生・中学生以下の部で、地方創生担当大臣賞(最優秀賞)を受賞された県立豊北・下関北高等学校が、村岡知事及び浅原教育長を訪問されますのでお知らせします。



1 日時・会場

(1) 村岡知事

平成30年12月26日(水曜日)10時30分から10時45分  知事応接室

(2) 浅原教育長

平成30年12月26日(水曜日)11時00分から11時20分  教育長室


2 来訪者

県立豊北・下関北高等学校

普通科1年 清水(しみず)麻衣子(まいこ)川瀬(かわせ)徳子(のりこ)、校長 竹村(たけむら)和之(かずゆき)、教諭 吉田(よしだ)有希(ゆき)


3 コンテスト概要

(1) 大会名

地方創生☆政策アイデアコンテスト2018

(2) 主催

内閣府地方創生推進室

(3) 内容

地域の現状・課題について、「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)※」を使って分析し、解決策となるような政策アイデアを提案。同コンテストは今年で4回目。

※ 人口動態や産業構造、人の流れなどの官民ビッグデータを集約し、可視化するシステムで、地方創生の様々な取組を情報面から支援するために、経済産業省と内閣官房が提供

(4) 応募状況

応募総数832件(高校生・中学生以下の部228件、大学生以上一般の部604件)。このうち、地方予選及び全国1次審査を通過し、最終審査会に進出したのは8件(各部4件)。


4 同校の提案概要

タイトルハロウィンかぼちゃで交流振興・生産振興
 ~角島大橋ハロかぼランタンライトアップ大作戦~
内容近年、都市部で流行しているハロウィンの時期に、角島大橋をハロウィンかぼちゃでライトアップするイベントを開催し、大都市からの夜・冬の交流人口を増やすことを提案。

 


お問い合わせ先

政策企画課政策班
Tel:083-933-2516
Fax:083-933-2088
Mail:a10000@pref.yamaguchi.lg.jp