山口県立農業大学校の学生・研修生が、ロボットトラクタについて
学びます ~第7回スマート農業講義~

平成31年 (2019年) 2月 27日

1 目的

山口県立農業大学校では、今年度から、スマート農業について基本的な知識を習得させるための講義を実施し、先端技術を活用できる人材の育成に取り組んでいます。

今回は、農業機械メーカーの協力のもと、無人運転で圃場の耕耘作業を行うロボットトラクタについて学びます。


2 日時及び場所、内容

(1) 日時

平成31年3月6日(水曜日) 午後3時から午後4時まで

(2) 場所

山口県立農業大学校(防府市牟礼318)

(3) 内容

 ・ ロボットトラクタの機能、操作方法の説明

 ・ ロボットトラクタによる耕耘作業(実演)


3 参加者

農業大学校1年生及び社会人研修生20名程度


4 問い合わせ先

山口県立農業大学校(山口県農林総合技術センター農業担い手支援部)

担当:森岡(TEL:0835-27-2714)


5 その他

当日は、農業法人のオペレーター等を対象とした「大型農業機械メンテナンス研修」を午前10時から開催しています。※取材対応可


 


お問い合わせ先

農林総合技術センター
Tel:0835-27-2714
Fax:0835-27-2710
Mail:a17201@pref.yamaguchi.lg.jp