高濃度PCB廃棄物の判明及び処分の代執行について

平成31年 (2019年) 2月 28日

平成31年2月28日、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(以下「法」という。)第13条に基づき、処分の代執行を行いました。


1 代執行の内容

(1) 保管している事業者等

ア 事業者 独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

イ 保管場所 宇部市常盤台2丁目14番1号


(2) 対象物

高濃度PCB廃棄物(コンデンサー3台)


(3) 概要

〇平成31年2月22日、事業者から報告があり、同日、県が立入検査を実施し、対象物を確認

〇県は保管場所から処分施設までの運搬及び処分を委託して実施

 ・ 保管場所から高濃度PCB廃棄物の処分施設である中間貯蔵・環境安全事業㈱(JESCO)北九州PCB処理事業所(北九州市)へ対象物を2月28日に搬出

 ・ 処分施設においてPCBの分解処理を行い、平成30年度内に処分を完了する予定


2 代執行を行う理由

法第10条に定める処分期間(平成30年3月31日)を既に経過しており、計画的処理完了期限(平成31年3月31日)までに処分を完了する必要があるため、手続きに必要な時間的余裕がないことから、代執行を実施


 


お問い合わせ先

廃棄物・リサイクル対策課適正処理推進班
Tel:083-933-2998
Fax:083-933-2999
Mail:a15700@pref.yamaguchi.lg.jp