県下全域での病児保育事業の広域利用について

平成31年 (2019年) 3月 29日

県では、子育てと就労等を両立できる環境づくりを推進するため、県下全域での病児保育事業の広域利用が可能となるよう市町との調整を進めた結果、平成31年4月1日より広域利用が開始されることとなりました。


1 概要

(1) 広域利用の内容

居住地にかかわらず、県内の病児保育施設(※)が利用できる。

※ 体調不良児対応型(保育所等で実施。通所している児童が対象。)を除く、28施設。

(2) 参加市町

県内の全市町(19市町)

(3) 実施方法

全市町で、負担金算定方法等を定めた相互利用協定を締結

(4) 事業開始

平成31年(2019年)4月1日


2 その他

 ・ 利用料や対象年齢などは市町・施設により異なるため、利用を希望する市町・施設に対し、事前に確認が必要。


【参 考】

(1) 広域利用の沿革

~平成28年度:特定の市町間で相互利用を実施

平成29年度:広島広域都市圏での広域利用開始

(県東部の2市5町と広島市等)

平成31年度:県下全域での広域利用開始


(2) 市町別、類型別の病児保育施設数

H31.4.1時点

市町名病児対応型病後児対応型体調不良児
対応型
下関市4 59
宇部市6  6
山口市3  3
萩市2  2
防府市1  1
下松市1  1
岩国市2  2
光市1  1
長門市1  1
美祢市1  1
周南市3  3
山陽小野田市2  2
平生町 1 1
271533

 


お問い合わせ先

こども政策課
Tel:083-933-2754
Fax:083-933-2759
Mail:a13300@pref.yamaguchi.lg.jp