平成30年度における県内2空港の利用状況について

平成31年 (2019年) 4月 18日

平成30年度の定期便の利用者数は、県内2空港ともに開港以来最多を更新


<山口宇部空港>

○ 国内線・国際線をあわせた定期便の利用者数は102.2万人となり、開港以来初めて100万人を突破。

○ 国内定期便の利用者数は7年連続で増加し、100万人を突破。

○ 国際定期便は、66往復が運航され、利用者数1.7万人、利用率72.6%。

○ 国際チャーター便は、台湾及び韓国との間で33便(12本)を運航。


<岩国錦帯橋空港>

○ 利用者数は52.3万人となり、2年連続で50万人を突破。

○ 3年連続で開港以来の最多を更新。


1 山口宇部空港

(1) 国内定期便【東京(羽田)線】

景気が底堅く推移して、ビジネス需要や観光需要が堅調だったことが土台にあり、その上で、「ゆめ花博」をはじめとする明治150年関連の取組の効果によって山口県への訪客が伸びたこと等、航空需要を喚起する要因があったことから、年間利用者数は7年連続増加、開港以来初の100万人超えを記録し、過去最多であった前年度の実績を更新した。(前年度比103.5%)


(2) 国際定期便【ソウル(仁川)線】

昨年10月から運航された韓国との国際定期便の利用者数は16,905人(日本人3,004人、外国人13,901人)で利用率は72.6%。前年に比べアウトバウンドが好調だった反面、インバウンドの利用は減少した。


(3) 国際チャーター便

国際チャーター便は、台湾及び韓国との間で33便(12本)が運航され、利用者数は4,183人(日本人1,113人、外国人3,070人)、利用率は76.2%となった。


2 岩国錦帯橋空港

(1) 国内定期便【東京(羽田)線】

山口宇部空港と同様、ビジネス・観光需要とも堅調に推移したことから、年間利用者数は約45万人(前年度比104.6%)と3年続けて過去最多を更新した。


(2) 国内定期便【沖縄(那覇)線】

平成29年度に引き続き通年で運航、利用者数は約7.2万人(前年度比99.5%)、利用率も60.4%(前年度△0.1ポイント)とほぼ前年並みとなった。


※ 詳細な利用状況については、添付ファイルをご覧ください。



添付ファイル

平成30年度における県内2空港の利用状況について.pdf (PDF : 793KB)

 


お問い合わせ先

交通政策課 空港利用促進班
Tel:083-933-2522
Fax:083-933-2527
Mail:a11300@pref.yamaguchi.lg.jp