日本遺産「関門“ノスタルジック”海峡 ~時の停車場、近代化の記憶~」パネル展の開催について

平成31年 (2019年) 4月 26日

日本遺産(Japan Heritage)とは、文化庁が認定する、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーです。4月26日現在、67件が認定されており、2020年までに100件の認定が目指されています。

このたび、日本遺産及び山口県で認定されている日本遺産「関門“ノスタルジック”海峡 ~時の停車場、近代化の記憶~」の県民への周知を図るため、パネル展を下記のとおり開催しますので、お知らせします。



1 展示期間

5月7日(火曜日)から5月14日(火曜日)まで


2 展示場所

山口県庁1階 エントランスホール パネル展示コーナー


3 展示構成

(1) 日本遺産について

① 日本遺産の制度の紹介       説明ボード2点

② 日本遺産の全ストーリー名     説明ボード3点

③ 主な日本遺産           説明ボード3点

(2) 「関門“ノスタルジック”海峡~時の停車場、近代化の記憶~」について

① ストーリーの紹介         説明ボード1点

② 構成資産の紹介          ポスター4点、説明ボード2点

③ VR紹介             ポスター2点


※ 参考

パネル展は、北九州市(門司港紫雲閣:4月25日(木曜日)~5月31日(金曜日))でも実施。


 


お問い合わせ先

教育庁 社会教育・文化財課 文化財保護班
Tel:083-933-4666
Fax:083-933-4669
Mail:a50400@pref.yamaguchi.lg.jp