千石台だいこんの出発式が開催されます!

令和元年 (2019年) 5月 16日

1 目的

萩市吉部(きべ)千石台(せんごくだい)地区は、近年5名の若者がUターン就農するなど、活気あふれる山口県最大のだいこん産地です。肌のきれいな高品質なだいこん生産に取り組んでおり、市場評価も高くなっています。

今年のだいこん出荷開始に当たり、出発式が開催されます。


2 日時

令和元年5月24日(金曜日) 午前10時30分から正午頃まで


3 主催

山口県農業協同組合萩統括本部(本部長 水津俊男(すいづとしお)

千石台出荷組合(組合長 田村健二(たむらけんじ)


4 場所

むつみ大根集出荷施設(萩市大字吉部上2137-13)


5 内容

(1) あいさつ

(2) トラックへのだいこん積み込み

(3) テープカット、トラック出発

※ 出発式の開始前まで、実際のだいこん選果作業を実施します。(取材可能です。)


6 参集者

千石台出荷組合の組合員、関係機関 約50人


7 問い合わせ先

(1) 山口県農業協同組合萩統括本部営農経済部 担当:小野 TEL 0838-22-4230

(2) 山口県萩農林水産事務所農業部 担当:品川 TEL 0838-22-0158


8 地図

地図


【千石台出荷組合の概要】

千石台出荷組合(田村健二組合長以下15名)の12名の生産者が、年間延べ66ヘクタールでだいこん栽培に取り組んでいます。県内をはじめ広島県や福岡県の市場、また香港にも出荷しており、約3,500トンの出荷を予定しています。


 


お問い合わせ先

萩農林水産事務所
Tel:0838-22-0158
Fax:0838-22-1790
Mail:a17111@pref.yamaguchi.lg.jp