相島で育った「萩(はぎ)相島(あいしま)スイカ」の初出荷式を行います

令和元年 (2019年) 5月 16日

1 目的

萩市相島(あいしま)は山口県萩市沖合に浮かぶ島の一つで、県内でも有数のスイカの産地として知られています。ここで生産されるスイカは県内で約5割の出荷量を占めています。

相島育ちのスイカは、甘くてシャリッとした歯触りで、味や品質に優れる山口県の素晴らしい農林水産物の一つとして「やまぐちブランド」にも登録されています。

このたび、萩市相島の初夏の風物詩である「萩相島スイカ」の出荷開始に当たり、初出荷式を開催します。


2 主催

出荷のため並べられたスイカ

山口県農業協同組合萩統括本部(本部長 水津(すいづ) 俊男(としお))

西瓜部会(組合長 長富(ながとみ) 信一(しんいち))


3 日時

令和元年5月22日(水曜日)

午後1時から午後1時50分まで

※ 荒天で船便欠航の場合は中止となります。

※ 出荷式へ出席可能な往復便は7-(1)を御参照ください。


4 場所

相島地区多目的集出荷施設

住所:萩市相島(萩海運相島待合所横)※相島港に隣接しています。


5 内容

(1) 主催者・来賓挨拶

(2) スイカ玉割り

(3) スイカの定期船積込

(4) スイカ試食

(式典終了後、写真撮影の時間をとりますので、円滑な進行に御協力をお願いします。)


6 問い合わせ先

山口県農業協同組合萩統括本部南萩営農センター担当古谷(ふるや)TEL0838-21-7731

山口県農業協同組合萩統括本部営農経済部 担当 小野(おの) TEL0838-22-4230

山口県萩農林水産事務所農業部      担当 高橋(たかはし) TEL0838-22-0158


7 参考

(1) 相島への船便(萩海運有限会社)について

 ・ 行き:萩港発 12時00分

 ・ 帰り:相島発 14時00分 ※ 出荷式へ出席可能な往復便

 ・ 海上運賃:片道 610円


(2) 西瓜部会

 ・ 約50年前からスイカを栽培しており、部会員9名、栽培面積は約5.4haです。

 ・ 段々畑で水はけが良い相島の条件を活かして、甘いスイカづくりに取り組んでい

ます。

 ・ 出荷先は、県内市場及びファーマーズマ-ケットふれあいらんど萩


〈栽培しているスイカの品種〉

 ・ 「祭りばやし777」

2月中旬からパイプハウス(またはトンネル被覆)で栽培開始、収穫は5月下旬から6月下旬まで

 ・ 「紅(こう)大(だい)」

3月下旬からトンネル被覆で栽培開始、収穫は6月下旬から8月上旬まで


(3) 萩市相島

 ・ 萩から北におよそ14km沖合に浮かぶ島で萩港から定期船で40分かかります。

 ・ 火山活動の隆起によりできた島で、島全体で畑作が行われています。

 ・ 主要な農産物は、スイカ、さつまいも、ブロッコリー、葉たばこです。


(4) やまぐちブランド

 ・ 山口県で生産される農林水産物及び主な原材料が山口県産100%の加工品を対象に、

味や品質を重視した独自の基準を設けて厳選した商品。


 


お問い合わせ先

萩農林水産事務所
Tel:0838-22-0158
Mail:a17111@pref.yamaguchi.lg.jp