県育成種雄牛「花清桜」号の能力評価を開始します!

令和元年 (2019年) 5月 29日

1 件名

県育成種雄牛(しゅゆうぎゅう)「花(はな)清(きよ)桜(ざくら)」号※1の能力評価を開始します!


2 目的

本県では、肉量、肉質に加え肉の「おいしさ」等に優れた黒毛和種種雄牛を育成するため、現場(げんば)後代(こうだい)検定(けんてい)※2による能力評価を実施しています。

このたび、期待の新規種雄牛「花清桜」号の検定を開始するため、当該牛の子牛を導入します。


3 日時

令和元年6月5日(水曜日)午後1時30分から2時30分に当部到着予定

(到着時間が前後しますので予め御了承ください。)


4 場所

山口県農林総合技術センター畜産技術部(畜産試験場)

住所:美祢市伊佐町河原1200


5 主催

山口県農林総合技術センター畜産技術部


6 内容

(1) 市場から導入した子牛5頭程度の体型測定や衛生処置等を実施。

(2) 当該牛を令和3年5月頃まで飼養し、枝肉成績や飼料摂取状況等を調査。


※ なお、防疫上の観点から、取材される場合は事前に連絡をお願いします。


※ 1 「花清桜」号

父牛は全国的に肉質、肉量に優れる「第1花国」号、母牛は県内でトップクラスの能力を持つ「なつめ」号で、本牛は特に、肉質を重視した産肉能力への貢献が期待されます。

※ 2 現場後代検定

(公社)全国和牛登録協会が種雄牛の肉質の能力を評価するために定めた検定方法です。

当部を含む県内農家において、検定する種雄牛の産子15頭以上で行います。



 


お問い合わせ先

農林総合技術センター畜産技術部 家畜改良研究室
Tel:0837-52-0258
Fax:0837-52-4832
Mail:a17201@pref.yamaguchi.lg.jp