国民生活基礎調査に係る調査票の紛失について

令和元年 (2019年) 6月 11日

厚生労働省(県が受託)が実施する国民生活基礎調査において、調査員が「調査票」を紛失する事案が発生しました。概要は下記のとおりです。


1 紛失の概要

(1) 紛失日時 令和元年6月10日(月曜日)16時頃

(2) 紛失場所 県内

(3) 紛失物

国民生活基礎調査のうち調査票1枚(1世帯分)

【記載内容】

該当世帯の世帯員数、住居の種類・建て方、室数・床面積、

5月中の家庭支出総額 等

※ 氏名・住所等の個人が特定できる内容は含まれていない。


(4) 調査員

民間人から知事が非常勤の地方公務員として任命する。


(5) 経緯

 ・ 6月初旬、該当世帯に調査票を配布。

 ・ 6月10日(月曜日)16時頃、調査員が調査票回収のため、世帯(集合住宅高層階)を訪問。

 ・ 調査員が調査票を玄関口で確認していたところ、突風が吹き、調査票(3枚)が散逸。

 ・ 調査員と該当世帯の方で周囲をくまなく探し、2枚は回収したものの、階下に飛んでいった調査票1枚を発見できなかった。


2 これまでの対応

(1) 紛失した調査員が現地において該当世帯に謝罪。納得いただき、新たな調査票に記入、提出いただいた。

(2) 本日、以下の対応を実施。

〇県職員が複数で周辺を探したが発見できなかった。

〇県が該当世帯に電話で連絡し謝罪。

〇警察へ紛失届提出。

〇厚生労働省へ報告。


3 今後の対応

再発防止に向け、全調査員に調査関係書類の管理徹底を改めて指導する。


 


お問い合わせ先

厚政課 地域保健福祉班
Tel:083-933-2724
Fax:083-933-2739
Mail:a13200@pref.yamaguchi.lg.jp