6月は農業大学校の「スマート農業学修強化月間」です!
~ 第4弾 「GPSガイダンス・自動操舵装置付トラクタ」を使った耕耘 ~

令和元年 (2019年) 6月 14日

1 目的

農業大学校では、先端技術を活用できる人材を育成するため、昨年度からロボット技術やICT(情報通信技術)等の活用について基本的な知識を習得させるためのカリキュラムを充実させています。今年度は、6月を「スマート農業学修強化月間」と位置付け、毎週最先端の農業機械について学ぶこととしており、第4弾として「GPSガイダンス・自動操舵装置付トラクタ」をテーマとした講義を行います。


2 日時及び場所、内容

(1) 日時

令和元年6月21日(金曜日) 午前10時30分から午後2時まで

(2) 場所

防府市大道干拓圃場 ※裏面地図参照

(3) 内容

 ・ GPSガイダンスシステム、自動操舵装置の説明

 ・ 農業大学校学生及び研修生の操作実習  ※一般公開とします


3 参加者

農業大学校2年生及び社会人研修生(23名)


4 問い合わせ先

山口県立農業大学校 就農・技術支援室

担当:森岡(TEL:0835-27-2714)


5 参考

(1) GPSガイダンスシステム

GPSによりトラクタの位置を把握し、農作業を行う際の走行経路(どこを走ればよいか)や作業軌跡(どこまで作業したか)をタブレットなどの携帯端末に表示するシステム。

(2) 自動操舵装置

GPSガイダンスシステムで受信した位置情報を使ってトラクタのハンドルを自動制御し、直進させる装置。



添付ファイル

大道干拓地図.pdf (PDF : 202KB)

 


お問い合わせ先

農林総合技術センター
Tel:0835-27-2714
Fax:0835-27-2710
Mail:a17201@pref.yamaguchi.lg.jp