今年もやります「いか・たこ祭り」
~「須佐男命(みこと)いか」と「周南たこ」のダブルPR~

令和元年 (2019年) 7月 26日

1 趣旨

友好都市である萩市と周南市は、かねてから漁村地域の活性化や観光振興などの目的に交流活動を続けています。

この度、昨年に引き続いて、「須佐男命(みこと)いか」と「周南たこ」の認知度向上とブランド化推進のため、下記のとおり「いか・たこ祭り」を開催します。


2 日時及び場所

日時 令和元年8月8日(木曜日)10時から12時まで

場所 道の駅ソレーネ周南(裏面会場位置図参照)

※ 荒天の場合は中止となることがありますので、いか・たこ祭り実行委員会事務局までお問い合わせください。


3 実施主体

いか・たこ祭り実行委員会(委員長 田中 勝(たなかまさる)(山口県漁協戸田支店運営委員長))


4 内容

(1) いか刺し、たこ刺し等の無料試食

(2) 須佐男命いか(活いか、いか加工品など)と周南たこ(ゆでたこ、たこ飯など)の販売

(3) 活いか車(水槽車)の展示

(4) たこのタッチングプール

(5) ソレーネ周南レストラン「ベーカリーキッチン菜」での限定「いか・たこ共演ランチ」販売(限定20食)


5 お問い合わせ先(いか・たこ祭り実行委員会事務局)

ア 周南市水産課 担当:田中(たなか)(TEL:0834-22-8366)

イ 萩市須佐総合事務所産業振興部門 担当:福島(ふくしま)(TEL:08387-6-2219)


6 会場位置図(道の駅ソレーネ周南 周南市大字戸田2713番地)


7 参 考

『須佐 男命(みこと)いか』

萩市須佐地区では、須佐沖で獲れるケンサキイカを「須佐男命いか」と名付け、ブランド化に取り組み、平成18年には商標登録を行っている。

「須佐男命いか」とは、須佐の地名の由来とされる「須佐之男命(スサノオノミコト)」の伝説にちなんで名づけられたもので、そのケンサキイカは肉厚で甘味があり、イカの中では最高級品とされている。


『周南たこ』

周南市では、市の資源・特性を活かし「周南市ならでは」「周南市らしさ」「周南市の良さ」といった個性と魅力を持った産品を『しゅうなんブランド』として認定しており、「周南たこ」はその認定品の1つ。


 


お問い合わせ先

周南農林水産事務所水産部
Tel:0835-22-1506
Fax:0835-22-4971
Mail:a17104@pref.yamaguchi.lg.jp

萩農林水産事務所水産部
Tel:0838-25-3377
Fax:0838-25-3337
Mail:a17111@pref.yamaguchi.lg.jp