スマート農業研究の一環で岩国レンコンをドローンで調査
~全国初!レンコンの病害発生状況を空から確認~

令和元年 (2019年) 8月 13日

1 目的

岩国市は中国地方最大のレンコン産地です。

しかしながら、栽培期間中は立葉の繁茂や根茎の生育に影響するため、ほ場内に入って病害等の発生状況を確認することは大変困難です。

一方、山口県農林総合技術センターのこれまでの研究成果から、レンコンの主要病害であるレンコン腐敗病の症状として、葉に異常が発生することがわかっています。

この知見とドローン空撮した画像等を活用し、山口県農林総合技術センターと山口大学が協力して全国初のレンコン腐敗病の早期診断技術を開発中です。

そこで、今回、ドローンによる調査の状況を公開します。


2 日時

令和元年8月20日(火曜日) 午後1時30分から午後2時30分まで

※ 強風・雨天の場合は、岩国地方卸売市場内でデモ飛行を行い、撮影済みの画像で説明します。


3 場所

岩国市尾津町5丁目 岩国地方卸売市場 2階大会議室(集合場所・説明会場)

市場近辺のレンコンほ場 (添付地図参照)


4 参集範囲

レンコン栽培農家、岩国れんこん振興協議会、山口大学農学部、

各農林(水産)事務所農業部、山口県農林総合技術センター


5 問い合わせ先

山口県農林総合技術センター 農業技術部 資源循環研究室

担当 溝部(みぞべ)信二(しんじ) (TEL 083-927-7037)



添付ファイル

添付位置図(ドローンレンコン_190820).pdf (PDF : 93KB)

 


お問い合わせ先

農林総合技術センター
Tel:083-927-7037
Fax:083-927-0214
Mail:a17201@pref.yamaguchi.lg.jp