「令和元年度 知事と県漁協青壮年部連合会、県漁協女性部及び県漁村生活改善士会との交流会(知事を囲む会)」の開催について

令和元年 (2019年) 8月 30日

1 概要等

魅力ある産業づくりと漁村地域の活性化に積極的に取り組んでいる県漁協青壮年部連合会(漁青連)、県漁協女性部及び県漁村生活改善士会が、知事と意見交換を行うことにより、県の行政施策への理解を深め、かつ自らの資質向上を図ることを目的に「交流会」を開催します。


2 開催日時・場所

(1) 日時:令和元年9月5日(木曜日) 午前10時から午前11時30分まで

(2) 場所:山口県庁4階 共用第1会議室(山口市滝町1-1)


3 主催

山口県漁協青壮年部連合会、山口県漁協女性部、山口県漁村生活改善士会


4 日程・内容

(1) 開会

(2) 挨拶

(3) 意見交換

テーマ 「新規就業者対策について」、「先端技術の導入について」

(4) 総括・講評


5 参加者

(1) 山口県関係:村岡知事、農林水産部長、農林水産部理事、ほか各担当者

(2) 漁業関係者:漁青連役員9名(うち指導漁業士7名、青年漁業士1名)、

女性部役員5名、漁村生活改善士会役員3名、ほか漁協役職員


6 問い合わせ先

山口県漁業協同組合 指導課(担当:島田(しまだ) 美紀(みき)、TEL:083-231-2212)

山口県農林水産部水産振興課(担当:田中(たなか) 高英(たかひで)、TEL:083-933-3546)


7 参考

(1) 山口県漁協青壮年部連合会(県漁青連)について

山口県内の海面漁協(山口県漁協、大畠漁協、新宇部漁協、角島漁協)の青壮年部33団体(485名:平成31年4月1日現在)で構成する連合会組織です(会長:村上(むらかみ) 幹男(みきお))。

各青壮年部は、新規漁業就業者・若手漁業者の育成指導や資源管理型漁業の推進、地域の活性化に向けた活動等を積極的に展開しており、県漁青連は、各青壮年部の活動支援と各青壮年部間の連絡調整及び情報提供を行っています。

(2) 山口県漁協女性部について

山口県漁業協同組合の女性部48支部(1,784名:平成31年4月1日現在)で構成する組織です(部長:津室(つむろ) 好子(よしこ))。

山口県漁協女性部は、各支部相互の連絡協調を図るとともに活動の強化を促進し、漁村女性の地位の向上や漁村経済の改善と発展等のため、水産物の消費拡大及び加工開発、天然石けん普及推進及び環境保全活動、男女共同参画や地域ふれあい活動、漁協信用・共済・購買事業の推進等に取り組んでいます。

(3) 山口県漁村生活改善士会について

山口県漁村生活改善士で構成する組織で、相互の情報交換や連携強化を進めています(会長:西野(にしの) 妙子(たえこ))。

平成31年4月1日現在、活力ある漁村づくり活動の中心的推進役となり、かつ、漁村の女性対策・青少年の育成指導・高齢者問題等に理解と情熱を持っている35歳以上70 歳以下の漁村女性の方々21名を、「漁村生活改善士」として知事が認定しています(認定期間4年)。

(4) 漁業士(青年漁業士・指導漁業士)について

平成31年4月1日現在、青年漁業士12名、指導漁業士75名が認定されています。

若手漁業者のリーダーとして活躍している又は活躍が期待される40歳未満の漁業者を「青年漁業士」として、地域漁業の振興に貢献し、かつ、若手漁業者への指導的役割を果たしている40歳以上70歳未満の中核漁業者を「指導漁業士」として知事が認定しています。


 


お問い合わせ先

水産振興課
Tel:083-933-3546
Mail:a16500@pref.yamaguchi.lg.jp