業務委託先におけるメールの誤送信について

令和元年 (2019年) 8月 30日

本日、あいサポート運動の業務委託先である学校法人YIC学院が、あいサポートメッセンジャーに対し、研修に関する案内をメール送信した際、誤って、他のメッセンジャーのメールアドレスが分かる状態で送信しました。

事案判明後、直ちに下記の措置を講じました。


1 経緯(8月30日(金曜日))

あいサポートメッセンジャーのうち、メールアドレスを登録している157名に対し、YIC学院から送信先のメールアドレスが分かる状態でメールを送信し、そのことについて、送付先からYIC学院に指摘があった。


2 原因

YIC学院から送付先のメールアドレスが非表示の状態(BCC)でメールを送信すべきところ、十分に確認せず、すべての送付先が表示された状態(TO)で送信したもの


3 県の対応

(1) お詫びメールの送信等の指示

「全ての送信先に、お詫びメールの送信により送付メールの削除を行うよう依頼すること」についてYIC学院に指示した。(YIC学院において実施済)

(2) 再発防止の措置

YIC学院に対し、電子メールの送信にあたっては、送信前に、送信先等を十分にチェックするよう改めて指示した。


※ あいサポートメッセンジャーとは

誰もが、多様な障害の特性を理解し、障害のある方への手助けを実践することにより、地域共生社会を実現する「あいサポート運動」の理解を広める研修を行う講師(一般ボランティア)


 


お問い合わせ先

障害者支援課
Tel:083-933-2764
Fax:083-933-2779
Mail:a14100@pref.yamaguchi.lg.jp