「農大お酒づくりプロジェクト」~第3弾「西都の雫」の収穫~

令和元年 (2019年) 10月 4日

1 目的

農業大学校では、地域で活躍する農業者を育成するため、経営力強化のための実践力を養う講義・実習を充実強化することとしています。その一環として、6次産業化に必要な知識・技術を習得するための講義を設け、「農大ブランド商品」の開発に取り組むこととしました。

今年度、農業大学校で初の取組として、民間企業や高校等と連携し、農大ブランドの日本酒を開発することとしました。

この度、その取組第3弾として、日本酒の原料となるお米「西都の雫」の収穫を行います。


2 日時及び場所

(1) 日時

令和元年10月8日(火曜日) 午後1時から午後3時まで

(2) 場所

山口県立農業大学校 圃場


3 参加者

農業大学校1年生 8名


4 問い合わせ先

山口県立農業大学校

担当 教務課:星野(TEL:0835-38-0510)

就農・技術支援室:森岡(TEL:0835-27-2714)


5 【参考】今年度の「農大お酒づくりプロジェクト」取組状況及び予定

【参考】今年度の「農大お酒づくりプロジェクト」取組内容及び予定
日時テーマ
6月14日(金曜日)「田植え」
お酒の原料となる「西都の雫」の田植え
6月20日(木曜日)「日本酒とは」
お酒づくりに関する講演
講師:(株)はつもみぢ 原田康宏社長
7月「農大のお酒コンセプトづくり」
どのようなお酒にするか等、コンセプトを協議
10月8日(火曜日)「お米の収穫」
原料米「西都の雫」のコンバイン収穫
10月下旬「お米の搗精」
萩酒米みがき組合へ出荷
11月5日(火曜日)「ラベル決定のためのプレゼンテーション会」
誠英高校と連携してラベルの作成
11月中旬「醸造」
醸造依頼先である(株)はつもみぢで醸造を見学
1月~2月「完成披露」
農大ブランドの「日本酒」のお披露目、販売開始

 


お問い合わせ先

農林総合技術センター農業担い手支援部
Tel:0835-38-0510
Fax:0835-38-4115
Mail:a17212@pref.yamaguchi.lg.jp