山口防府地域「農業士・農家生活改善士の合同研修会」を開催します。

令和元年 (2019年) 11月 19日

1 趣旨

山口防府地区農業士会と山口防府地域農家生活改善士会では、毎年、「地域農業の担い手育成」をテーマに合同研修会を開催しています。

今年は、農業士・生活改善士が山口市の法人を訪問し、新規就農者・就業者の定着に向けた課題と対応策等について検討します。


2 日時

令和元年11月26日(火曜日) 午前9時30分から午後2時40分まで


3 主催

山口防府地区農業士会、山口防府地域農家生活改善士会、山口県山口農林水産事務所


4 参加者

山口防府地区農業士会会員、山口防府地域農家生活改善士会会員、関係機関・団体(市、農協、農林水産事務所)


5 経営訪問場所・時間

(1) (農)川西(山口市深溝933-1) 午前10時20分から11時40分まで

(2) (株)ベリーろーど(山口市佐山1322-6) 午後1時から2時まで


※ 報道対応は、農事組合法人川西「二換倉庫」にて11時から11時40分まで行います


6 問い合わせ先

山口県山口農林水産事務所農業部

担当:河部・梅本(TEL:083-922-5249)


【参考】

(1) 山口防府地区農業士会

山口防府地域の指導農業士、青年農業士を構成メンバーとして、農業士の活動助長や資質向上、相互の親睦連携を図り、農村青年の育成指導及び地域農業の振興に資することを目的に活動している。

○ 指導農業士:優れた農業経営を実践し、青年農業者の育成指導に理解と情熱を持ち、かつ、地域農業の振興に対して貢献している40歳以上の農業者で、県知事が認定。

○ 青年農業士:5年以上の農業経験を有し、自ら近代的農業経営を実践し、優れた実績を上げている39歳以下の青年で、県知事が認定

(2) 山口防府地域農家生活改善士会

山口防府地域の農家生活改善士の活動を助長するため、相互の情報交換や連携強化を図り、もって快適な農家生活の実現と、活力とうるおいに満ちたむらづくりに寄与することを目的に活動している。

○ 農家生活改善士:優れた営農並びに農家生活を実践し、活力あるむらづくりの推進役として農村の女性対策・担い手育成指導や高齢者問題等に情熱を持って取り組んでいる35歳以上の農家女性で、県知事が認定

(3) 農事組合法人 川西

効率的で継続性のある農業経営を展開することを目的として、平成20年に設立。平成27年、29年には、新規就業者として農業大学校の卒業生を採用し、後継者育成にも尽力

組合員数:158名(平成30年度実績)

経営面積:156ha(令和元年度計画)

経営作物:水稲、麦、大豆、飼料用米、園芸作物

(4) 株式会社 ベリーろーど

JA山口中央(現JA山口県)が主に出資し、2015年6月に設立。山口県産いちごの生産量減少を受けて、市場性の高いいちごの再構築と農業生産額の増大対策を一体的に進めることを目的として設立され、2015年から3カ年計画で団地を整備。2018年度から、5.1haのハウスでいちごの生産栽培を行っている。


 


お問い合わせ先

山口農林水産事務所
Tel:083-922-5249
Mail:a17105@pref.yamaguchi.lg.jp