令和元年度援護事業功労者厚生労働大臣表彰の被表彰者の決定について

令和元年 (2019年) 11月 28日

〇 表彰の概要

(1) 趣旨

多年にわたって戦傷病者、戦没者遺族、未帰還者留守家族等の援護に関する事業に携わり、功績が顕著な者に対し、その功績をたたえるとともに、その労苦に報いるため、厚生労働大臣の表彰を行い、もって援護事業の推進を図る。

(2) 本県の被表彰者

 ・ 氏名

塩飽 尚子(しわく なおこ)

 ・ 年齢

76歳

 ・ 住所

萩市

 ・ 役職

山口県遺族連盟理事

山口県遺族連盟女性部部長


(3) 表彰の時期等

日時:令和元年12月5日(木曜日)午前11時から

場所:中央合同庁舎第5号館低層棟2階 講堂

(東京都千代田区霞が関1-2-2)


(4) 表彰の対象

 ・ 援護事業に通算15年以上携わった者で功績の顕著な者

 ・ 前記に掲げる者のほか、援護事業に関し功績が特に顕著であると認められる者


(5) 参考

全国の被表彰者数102名


 


お問い合わせ先

長寿社会課
Tel:083-933-2782
Mail:a13400@pref.yamaguchi.lg.jp