やまぐちブランド「下関(しものせき)越冬(えっとう)甘熟(かんじゅく)みかん ひとめぼれ」の出荷が始まります!

令和2年 (2020年) 1月 8日

1 趣旨

下関柑橘組合(組合長:安成(やすなり)英生(ひでお))は、首都圏や地元下関市場に向けて、やまぐちブランドである「下関越冬甘熟みかん ひとめぼれ」の出荷を開始します。


2 主催

下関柑橘組合


3 日程

令和2年1月15日(水曜日) 午前8時30分から選果開始

※ 取材は午前10時から正午まで対応します。


4 場所

下関柑橘選果場(下関市豊浦町黒井2433)

※ 下記参照


5 内容

「下関越冬甘熟みかん ひとめぼれ」の選果、出荷用梱包作業


ひとめぼれ出荷箱  やまぐちブランドロゴ


6 問い合わせ先

(1) JA山口県豊浦営農センター 担当:西本(にしもと) (Tel 083-772-0242)

(2) 下関農林事務所農業部 担当:淺谷(あさたに) (Tel 083-766-1206)

※ 販売に関してはJA山口県豊浦営農センターにお問い合わせください。


7 参考

(1) 「下関越冬甘熟みかん ひとめぼれ」

通常より1カ月以上遅く収穫した早生・中生の温州みかんで、濃厚な甘みと滑らかな口当たりが特徴のみかんです。

食べた人に「一目惚(ひとめぼ)れ」してもらいたいと、昭和61年に商品名を「ひとめぼれ」と命名し、平成26年には「やまぐちブランド」に登録されました。

糖度を高めて品質を揃えるために、園地を限定し、シートマルチを敷設し土壌水分を制御して栽培しています。また、収穫したみかんは、傷の有無や形を確認しながら、手作業で1玉ずつ袋に包み、出荷します。

今年度の生産量は約10万6千玉で、約8割が首都圏に出荷され百貨店等で販売される予定です。

(2) 下関柑橘組合

下関市吉見、豊浦町、豊北町のカンキツ生産者60名で構成されるJA山口県下関統括本部の生産組織。栽培面積は約23ha。温州みかんの生産が中心ですが、山口県オリジナル品種の‘せとみ’‘南津海(なつみ)シードレス’の生産拡大にも取り組んでいます。

(3) やまぐちブランド

山口県で生産される農林水産物及び主な原料が県産100%の加工品を対象に、味や品質を重視した独自の基準を設けて厳選した商品のことです。


【地図】

会場図


 


お問い合わせ先

下関農林事務所農業部
Tel:083-766-1206
Fax:083-766-1184
Mail:a17107@pref.yamaguchi.lg.jp