『まるごと!下松給食の日』を下松市内の全小中学校で実施します!
~給食を通してふるさとの良さを子どもたちに伝えます~

令和2年 (2020年) 1月 14日

1 趣旨

「まるごと!下松給食の日」は、できる限り下松市産の食材を使用し、下松市を意識した献立名の給食を実施することにより、地域を愛する子どもたちを育てるとともに、さらなる地産地消の推進を図ることを目的として、下松市内の全小中学校で平成22年度から毎年行っています。

当日は、食材を提供する生産者の講話や栽培中の映像の上映等も行われます。


2 実施日

令和2年1月21日(火曜日)・29日(水曜日) 給食時間(※21日が小学校、29日が中学校)

※ 取材対応は、下松市立米川小学校(21日(火曜日)11時50分から13時頃まで)のみで行います。


3 場所

下松市立米川小学校(下松市大字下谷441-2)


4 内容

 ・ 「米川産コシヒカリ」生産者の講話 (生産者:木戸 正智(まさのり)氏)

 ・ 給食関係者との会食


≪給食の献立≫

(1) ごはん(米川(よねがわ)産コシヒカリ)

(2) たこたこれんこん

県内産「たこ」と下松市産「れんこん」を下松市産「にんにく」を使った焼肉のたれで味付けしたもの

(3) 降(くだ)松(まつ)あえ

下松市産の「ほうれんそう」等の野菜のレモン風味の和え物

(4) 七星(ななほし)スープ

下松市産、山口県産の7つの食材を使ったスープ

(5) 牛乳(山口県産)


5 主催

「下松市立小、中学校の給食における地産地消推進協議会」

(会長:豊井小学校 武居(たけすえ) 利彦(としひこ)校長)


6 問い合わせ先

(1) 下松市立米川小学校 養護教諭:大田(おおた)(TEL:0833-53-0003)

(2) 下松市教育委員会学校給食課 小学校給食センター 担当:岡崎(おかざき)(TEL:0833-48-9409)


<参考>

1)下松市立小、中学校の給食における地産地消推進協議会

下松市産食材を学校給食に活用することにより、教育の中で地域の農水産物等に対する理解を深めてもらうことを目的とする協議会(会長:豊井小学校 武居(たけすえ) 利彦(としひこ)校長)です。

下松市内の小学校、中学校の学校関係者、給食センター、下松市、JA山口県周南統括本部、山口県周南農林水産事務所などにより構成しています。


2)下松市内の小、中学校の給食

下松市内には8校の小学校(下松・久保・公集・花岡・豊井・中村・米川・東陽)と3校の中学校(下松・久保・末武)があります。児童・生徒数は、約4,800名です。

小学校は下松市立小学校給食センター、中学校は下松市立中学校給食センターで調理し、各小中学校に配送しています。



添付ファイル

会場(米川小学校)位置図.JPG (JPEG : 28KB)

 


お問い合わせ先

周南農林水産事務所
Tel:0834-33-6452
Mail:a17104@pref.yamaguchi.lg.jp