第12回衛星データ解析技術研究会「JAXA人工衛星プロジェクト」の開催について

令和2年 (2020年) 2月 13日

【2月26日変更】


新型コロナウィルス感染症の感染拡大予防のため中止します。

日時(変更前)令和2年3月12日(木曜日)→(変更後)中止

山口県では、政府関係機関の地方移転による(国研)宇宙航空研究開発機構(JAXA)の拠点設置を契機として、平成29年3月に「衛星データ解析技術研究会」を立ち上げ、衛星データ活用による新事業創出に向けた取組を進めています。

このたび、衛星データ利用の理解促進を目的として、JAXAで実施されている「ALOS(陸域観測技術衛星だいち)」及び「GCOM(地球環境変動観測ミッション)」の人工衛星プロジェクトに関する講演と、研究会会員企業が今年度実施した国実証プロジェクトの事例紹介を下記のとおり実施します。


1 日時

令和2年3月12日(木曜日) 13時30分から16時20分


2 場所

山口県産業技術センター(宇部市あすとぴあ4-1-1) 2階 多目的ホール


3 参加料

無料(参加には事前申込みが必要です)


4 内容

(1) 講演「ALOSシリーズの概要とALOS-2の成果」

JAXA ALOS-2プロジェクトマネージャ 祖父江 真一氏

(2) 講演「GCOM-C/Wの概要とマイクロ波及び多波長光学放射計データの活用」

JAXA GCOMプロジェクトマネージャ 田中 一広氏

(3) 事例紹介(研究会会員企業)

① 「衛星データとIoT農業機械による国産パン小麦高収益生産の実証」

(内閣府:課題解決に向けた先進的な衛星リモートセンシングデータ利用モデル実証プロジェクト)

(株)アグリライト研究所 岩谷 潔氏

② 「衛星による「ため池」把握・危険度判定・点検システムの実証」

(経済産業省:Tellus利用促進実証事業)

(株)ニュージャパンナレッジ 笠原 宏文氏

③ 「みちびき」を利用した視覚障がい者のスポーツ介助支援システム」

(内閣府:みちびきを利用した実証実験)

(株)ニュージャパンナレッジ 宮田 高志氏


詳細及び事前申込先については、別添パンフレットをご覧ください。



添付ファイル

第12回衛星データ解析技術研究会「JAXA人工衛星プロジェクト」 .pd (PDF : 7.5MB)

 


お問い合わせ先

新産業振興課
Tel:083-933-3143
Fax:083-933-3159
Mail:a16900@pref.yamaguchi.lg.jp