長門市の伝統野菜「白オクラ」の初出荷に向けて「目合わせ会」を開催

令和2年 (2020年) 6月 26日

1 目 的

長門市の特産伝統野菜である「白オクラ」の今年の初出荷を目前に控え、消費者の皆様に良質な白オクラを出荷するため、出荷規格等について目合わせ会を開催します。


2 日 時

令和2年7月3日(金曜日)午前10時から


3 場 所

JA山口県なす選果場(長門市深川湯本571)

※ 別添会場位置図参照


4 主 催

ながと物産合同会社

長門白オクラ部会(部会長 篠原(しのはら) 和男(かずお)


5 内 容

収穫時期、出荷方法、出荷規格等について生産者が確認


6 参加者

白オクラ生産者、関係者 約30人


7 問い合わせ先

ながと物産合同会社         担当:原田(はらだ)  TEL:0837-27-0301

山口県長門農林水産事務所農業部   担当:品川(しながわ)  TEL:0837-37-5603


(参考) 


○ 白オクラ

長門市で約60年前から栽培されている伝統野菜です。通常のオクラより果色が淡く、アクが少なく、粘りが強いのが特徴です。


○ ながと物産合同会社

長門市が掲げる「ながと成長戦略 行動計画」の重点目標の一つである「ながとブランド」の大都市圏展開を担う合同会社で、平成26年5月に、長門大津農業協同組合(現:山口県農業協同組合)、深川養鶏農業協同組合、山口県漁業協同組合及び長門市の4者が出資して設立されました。


○ 長門白オクラ部会

令和2年度部会員26戸、栽培面積約55a



添付ファイル

会場位置図(なす選果場).gif (GIF : 15KB)

 


お問い合わせ先

長門農林水産事務所
Tel:0837-37-5603
Mail:a17109@pref.yamaguchi.lg.jp