食中毒の発生について

令和2年 (2020年) 7月 28日

次のとおり、防府市内の飲食店が調理・提供した料理を喫食した者から、食中毒患者が発生しました。

1 情報の探知

7月22日(水曜日)、患者が受診した医療機関から山口環境保健所防府支所に報告があった。


2 喫食者、患者等の状況(7月28日(火曜日)15時現在)

原因施設が、7月21日(火曜日)に調理・提供した料理を喫食した99人中12人が嘔吐、下痢等の症状を呈した。(うち6人が医療機関を受診し、5人が入院)

なお、患者は全員快方に向かっている。(全員、入院翌日に退院。)


3 主症状

嘔吐、下痢(患者の初発:7月21日(火曜日)23時頃)


4 原因施設

 ・ 業種 飲食店営業(一般食堂・仕出し・そうざいの調理)


5 原因食品等

吸い物の具(ひらまさ)


6 病因物質

黄色ブドウ球菌(検査機関:県環境保健センター)


7 措置

山口環境保健所長は、営業者に対し、7月28日(火曜日)15時から7月31日(金曜日)24時まで、食品衛生法に基づき当該施設の営業停止を命じ、施設内外の清掃・消毒及び食品衛生管理の改善を指導中である。



添付ファイル

参考.pdf (PDF : 166KB)

 


お問い合わせ先

生活衛生課
Tel:083-933-2974
Mail:a15300@pref.yamaguchi.lg.jp