全国瞬時警報システム(Jアラート)全国一斉情報伝達試験(臨時)の実施について

令和2年 (2020年) 7月 29日

このことについて、国(内閣官房、消防庁)・市町と連携して、Jアラートによる情報伝達の不具合発生の抑制を着実に進めるため、臨時の情報伝達試験を下記のとおり実施します。


1 実施日時

(1) 令和2年5月20日(水曜日) 11時00分 ※実施済

(2) 令和2年8月5日(水曜日) 11時00分 《臨時実施》

(3) 令和2年10月7日(水曜日) 11時00分

(4) 令和3年2月17日(水曜日) 11時00分


2 臨時訓練を実施する理由

例年、年4回の全国一斉情報伝達試験を実施しているところ、令和2年度は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催時期を考慮し、年3回の試験実施を予定していたが、当競技大会が来年度に延期となったため臨時で実施するもの。


3 訓練実施団体

山口県及び県内19市町


4 内容

Jアラートにより配信される国からの情報を、防災行政無線、コミュニティFM、市町防災メール等の各種情報伝達手段を用いて住民に伝達する(伝達手段は市町によって異なる)。

【放送内容】※防災行政無線の場合

チャイム音+「これは、Jアラートのテストです」×3回

+コールサイン(例:「こちらは○○市です」)+チャイム音


(参考) 

全国瞬時警報システム(Jアラート)の概要

弾道ミサイル情報、津波情報、緊急地震速報等、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を、人工衛星を用いて国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送信し、市区町村の同報系の防災行政無線や防災メール等を起動することにより、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステムで、山口県内では全市町に整備されている。


 


お問い合わせ先

防災危機管理課
Tel:083-933-2370
Fax:083-933-2408
Mail:a10900@pref.yamaguchi.lg.jp