キャベツスマート農機(GPS車速連動畝内施肥機※1)実演会の開催について

令和2年 (2020年) 8月 11日

1 趣旨

本県では今年度からスマート農業実装加速化事業で、モデル経営体の設置による機械の試用や技能講習等を通じて、スマート農業技術の波及を図っています。

このたび、農事組合法人ふるさと吉見をモデル経営体としたキャベツの畝内施肥による施肥の労力・コスト低減を目的とした、GPS車速連動畝内施肥機の実演会を開催します。


2 日時

令和2年8月18日(火曜日)14時30分から  (雨天の場合は中止)


3 場所

農事組合法人ふるさと吉見※2 キャベツほ場(宇部市大字吉見)

* 会場地図参照


4 主催

宇部地区農業改良普及協議会


5 参加者

宇部市、山陽小野田市、美祢市の集落営農法人及び関係者


6 内容

GPS車速連動畝内施肥機の説明、実演(株式会社中四国クボタ)


7 問い合わせ先

山口県美祢農林水産事務所農業部 担当:水津(すいず)原田(はらだ)(TEL:0837-54-0037)


8 参考

※ 1 GPS車速連動畝内施肥機とは

畝立てと肥料散布を同時に行うことができる機械で、作物の根のある畝内に肥料を効率的に混和することで省力・低コストが期待できる。

また、GPS(全地球測位システム)を利用して車速を検出し、作業速度に応じて肥料の量を自動調節することにより、トラクタの車速にかかわらず均一に肥料を撒くことができるため、肥料散布ムラによる作物の生育のバラつきが抑制される。


※ 2 農事組合法人ふるさと吉見について

代表理事 河村(かわむら)守浩(もりひろ) 平成28年1月設立

宇部市厚東吉見地域(農地)を守り、みんなで豊かな厚東を目指すため、3名の担い手が中心となり集落営農法人を設立。元気なふるさとを子供たちにつなげること、楽に楽しく皆で利益を生み出すことを経営理念に活動を展開。

約35haの農地を集積し、水稲、小麦、野菜を栽培。令和2年のキャベツは、約1.8ha作付けを行う。


【会場地図】

会場地図


 


お問い合わせ先

美祢農林水産事務所
Tel:0837-54-0037
Mail:a17106@pref.yamaguchi.lg.jp