『とっくり沢庵(たくあん)』(周南地域特産品)の出荷開始!
~守り続けた種から伝統の味へ~

令和2年 (2020年) 9月 28日

1 趣旨

今年も周南地域の代表的な特産品である『とっくり沢庵』の出荷が始まる時期となりました。

そこで、今年最初の販売日にあわせ、周南地域の販売協力店「アルク新南陽店」において、生産者がPR活動を行います。

今年は、周南地域のアルク各店舗とマルキュウ福川店で10月末まで販売される予定です。


2 日時

令和2年10月1日(木曜日) 午前9時から10時まで


3 場所

アルク新南陽店(周南市大字富田2763)


4 内容

生産者が店頭で「とっくり沢庵」の特徴や今年度の仕上がり等の説明を行います。


5 実施主体

 ・ (株)丸久

 ・ 周南地域地産・地消推進協議会(会長 橋本(はしもと) 達夫(たつお))


6 問い合わせ先

(1) アルク新南陽店 担当:粟田(あわた) (TEL:0834-61-0909)

(2) JA山口県周南統括本部指導販売課 担当:貞(さだ)明(みょう)(TEL:0833-41-6109)

(3) 山口県周南農林水産事務所企画振興室 担当:古橋(ふるはし) (TEL:0834-33-6452)


≪参考≫

(1) とっくり沢庵

周南市福川地区で栽培されている伝統野菜「とっくり大根」を漬物にした周南地域の代表的な特産品。消費者からは「歯切れが良く、昔ながらの味わいで、酸味があって、コクがある」と好評であり、本年度も約1,500本が出荷される予定。

なお、この「とっくり大根」は、形がお酒を入れる徳利に似ていることからその名が付いた大根で、現在、1戸の生産者によって3aほど栽培。

周南地域のアルク各店舗とマルキュウ福川店に毎週木曜日に入荷され店頭に並ぶ。


(2) 販売協力店

県産農水産物を年間通じて販売する「やまぐちコーナー」を設置している店舗。

現在、周南地域(下松市、光市、周南市)に23店舗。


(3) 周南地域地産・地消推進協議会

平成16年6月に設立された周南地域における地産・地消を推進している協議会で、生産者団体と行政とで構成。



添付ファイル

位置図.jpg (JPEG : 22KB)

 


お問い合わせ先

周南農林水産事務所
Tel:0834-33-6452
Mail:a17104@pref.yamaguchi.lg.jp